忘れ去られるにはまだ早い!フィアットの小粋なボーイズレーサー『フィアット・チンクエチェント・スポルティング』

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

フィアットのチンクエチェントと言うと、みなさんはどんなクルマを思い浮かべますか?2007年に登場した現行500でしょうか?それとも、1957年から1977年まで生産されていたNUOVA 500でしょうか?どちらも日本ではおなじみの存在ですし、ドイツにおいても現行500はアバルト・モデルも含め大人気です。コロンと丸いユーモラスなフォルムは、老若男女問わず人々を惹きつける魅力があります。

そんな中にあって忘れられがちな存在が、500をイタリア語読みしたCinquecento(チンクエチェント)というモデルです。イタリア車が好きな人でも「ああ、そんなモデルあったよね」というくらい、影の薄い存在ではないでしょうか?そんなかわいそうな立ち位置のチンクエチェントですが、そこは小型車を作るのが得意なフィアット、このクルマにもアバルトの息がかかった魅力的なモデルが存在しました。それが今回の主役、ベルリンの街角で見かけた『チンクエチェント・スポルティング』というモデルです。

ドイツでも希少な『チンクエチェント・スポルティング』

フィアット・チンクエチェント・スポルティング
▲『ジアッロ・ジネストラ』と呼ばれる鮮やかな黄色が印象的。他にもブラックやレッド等が用意されていました

かつてのダイハツ・ミラやスズキ・アルトなど、日本の軽自動車を彷彿とさせる直線基調で素っ気ないエクステリア。同じ発音で語られるモデルとは思えないほど、NUOVA 500や現行500とは共通項のないデザインですが、初代フィアット・パンダから引き継がれたクリーンなライン、これはこれで魅力的です。日本では結局正規輸入されず、少数が並行輸入されたのにとどまっていて、現在中古車情報サイトで見られるのは、より上級のスポーツ・モデル『チンクエチェント・スポルティング・アバルト』の方かもしれません。

『スポルティング・アバルト』は『スポルティング』をベースに、エアロパーツやフロント・フォグランプ、レザーステアリングやレザーシフトノブなどの専用パーツを組み込んだモデルですが、エンジンのチューニングは変わらず、むしろエアロパーツの付かない『スポルティング』の方が、チンクエチェントのデザインの美しさを損なっていないように思います。ドイツでは素のチンクエチェントを時々見かけるくらいで、『スポルティング』や『スポルティング・アバルト』と遭遇することは滅多にありません。

ラリー専用車『トロフェオ』の成功が、『スポルティング』市販のきっかけに

フィアット・チンクエチェント・スポルティング
▲路上でチンクエチェント・スポルティングを見かけると、女性が運転していることの方が多いです。マニュアルトランスミッションを使いこなすその姿は、颯爽としていてとても絵になります

フィアット・チンクエチェント・スポルティング
▲ドイツでよく見かける同じようなサイズのホットハッチといったら、フォルクスワーゲン・ルポGTIでしょうか。チンクエチェント・スポルティングとは逆に、男性ドライバーの方が多い印象があります

チンクエチェントは、フィアット・パンダの後継車として1991年にデビュー。ポーランドのティヒ工場で1998年まで生産されていました。1993年にはイタリア国内のワンメイク・ラリー専用車『チンクエチェント・トロフェオ』が登場します。ごく少数ですが日本にも渡ってきたこの『トロフェオ』、開発したのはアバルトを前身とするフィアット・アウト・コルセでした。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...