生ゴミと資源ゴミ以外はすべて一緒に捨てる!なのにドイツはリサイクルで日本の一歩先をいっている

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

2000年から耳にするようになった「3R(リデュース・リユース・リサイクル)」。この年から地球のために良いことをしようと世界各国が環境プロジェクトを実施する中、以前より環境保全に取り組んでいたのがドイツです。環境先進国と呼ばれるようにドイツの国道を走っていると大きな風力発電機がいくつも並んでいるのをよく目にしますし、太陽光や新しいエネルギー供給にも力を入れています。また欧州ではサマータイムも導入されており、日の長い夏に時間軸を一時間早めて明るいうちに作業することで電気代節約にも繋げています。そのような国レベルの環境保全への取り組みももちろんですが、筆者がドイツに来てまず感心したのは国民一人ひとりの生活の中にリサイクル習慣が完全に溶け込んでいることでした。

ドイツのごみ捨て事情とは?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず驚いたことが、日本の方がごみの分別が細かかったこと。例えば日本でペットボトルを捨てるときは、ラベルをはがして、ボトルと分けて、キャップも外して…と一つのごみでも分別先がそれぞれ違います。今日は燃えるごみの日で…と曜日別に回収する種類も違っていたので、日本でのゴミ捨ては結構神経を使っていた記憶が。しかし、ドイツの家庭ごみの分け方はシンプルで

1.生ゴミ
2.資源ゴミ(再生できるようなきれいな状態の紙ゴミや段ボールなど)
3.その他のゴミ(1と2に当てはまらないもの)

…と、大まかに3つでそれぞれ決まった色のコンテナが共同ゴミ捨て場に設置されています。コンテナに集まったゴミは指定業者が毎朝回収しにきてくれるので「今日はこのゴミの日」というのは基本ドイツにはありません。

その他にも住宅地の近くや道端に上記とは別のコンテナが集まって置いてあるのですが、これはすべてリサイクル専用コンテナでWertstoffinsel(資源ごみ島=資源ごみ回収所)と呼ばれています。段ボール、瓶や陶器、雑誌・新聞、古着などと種類が分かれており再利用できる状態のものであればここへ捨てに行きます。すでに割れてしまった瓶や、綺麗な状態でないものは家庭ごみの③その他ゴミのコンテナに捨ててOK。いちいち運ぶのが大変じゃない?と思いますが、道路上に結構な頻度で設置されているので苦労することはありません。これらも全て専門業者が回収して、リサイクルしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リサイクル専用コンテナ。捨てる際にビンが割れたりする騒音を防ぐために、時間が決まっているのもなんだかドイツらしい。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...