ドイツ デュッセルドルフ市内のクラシックカーイベントは写真で見ていても尽きない

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

クルマ好きにとって、愛車で出かけてクルマ好きな友人とクルマの話をする。最高の時間ですよね。これは洋の東西、垣根のない普遍的なことのようです。ドイツからの便りの中に、デュッセルドルフ市内のクラシックカーイベントの様子がありました。

14141806_10154398510456772_4957851480046288919_n

14192737_10154398510446772_4457888562007835758_n

一番目を引くのはこのメルセデスベンツのバスでしょうか。淡いグリーン、鶯色と言ってもいいかもしれませんね。それとクリーム色の2トーン。優しい雰囲気があります。フロントマスクには愛嬌すら感じますね。そしてよく見ると室内の窓にはカーテンが。長距離移動のインターコンチネンタルな特急のイメージもある。たたずまいにそもそも旅情があります。そして大きなサンルーフでしょうか。天窓が大きくあくのですね。こういうクルマでわいわい旅行なんて楽しそうですね。

14202548_10154398510571772_7214854018774175644_n

14225586_10154398510641772_4217939801429174556_n

14199552_10154398510921772_1316048724558034228_n

ドイツですので、クラシックなメルセデスはたくさんいますね。しかし、やはり目を引くのはSL。最近メルセデスでもいろいろな新しいモデル出ていますが、今のモデルでも、そこはかとなく、昔ながらの高級なGTカーとしての存在感を受け継ぐ、少し渋くて、今でも十分に華麗なところはやはりSL独特の個性と言えるかもしれません。そういうクルマの始祖。そんなSLの変遷に思いを馳せる。クラシックカーを目の当たりにするときの楽しみの一つかもしれませんね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...