「自動車業界は男の世界」は過去の話?ダイムラーの女性進出サポートがドイツのリケジョに大人気!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ここに書くのは非常に恥ずかしいのですが、筆者は学生時代から自動車とはまったく無関係なド文系の世界で生きてきました。

・・・と言いつつ、ドイツでは「工科」大学の文系学部へ進学。工科大学というだけあって、私の専攻学科は遠く離れたキャンパス、専攻を言えば「なんでお前こんなとこいるの?」という顔をされたり、工学部の勢力に押しつぶされそうになりながら、肩身の狭い思いをしてきました。

工科大学に在籍していたからという理由もありますが、学生時代にできた友達は女性もみな理系でした。中でも機械工学と電子工学の学生が多く、日本では少数派のリケジョも、ここでは山ほどいました。では、なぜ工学を学ぶ「女子」が多いのか?その理由として、文系よりはるかに就職しやすいことが挙げられます。

大学時代の専攻科目が将来の職種になるドイツでは、日本のように就活時に自由に職種を選ぶことはできません。即戦力としてその分野で働ける知識と実績が条件なのです。となると、在学中は長期インターンシップ必須、企業の元で実験や論文を書いて経験を積める理系が理想で、特に機械や電子工学は自動車大国ドイツの大手メーカーの需要がとても大きいので、女性もその道へ進むことが多いのです。

筆者の友人たちも、卒業間近になると皆インターンシップ先の街へ引っ越していきました。そこで卒業研究をし、そのまま自動車メーカーに就職した友人が数人いました。聞いてみると、勤め先はVWやダイムラー、ミツビシ…。「はえ~理系さんは凄いねえ…。私もベンツで働いてました!」などと言ってみたいなあと思いつつ、山積みの本のに囲まれ、ガリガリ論文を書いていた2016年の夏・・・。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...