メルセデス・ベンツEクラスステーションワゴン(S212)のタクシー。このボディカラーは不変だ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツより、お馴染みのクリームイエローにペイントされた、メルセデス・ベンツEクラスステーションワゴン(S212)タクシーの画像が届きました。

10173760_826877954086033_630523483009959811_n

モデルチェンジを重ねても、このボディカラーは不変です。最近は元色にラッピングを施しているタクシーもあるようですが、この個体はどちらなのでしょう?ドイツ在住のNAO氏の記事によると・・・

タクシー業というのは客を乗せ目的地まで運ぶ旅客運輸業。その為にも顧客及び乗客が快適だと感じる車でないといけません。2社のコンセプトで比較するとメルセデスは「コンフォート」、BMWは「スポーティ」を売りにしています。走り手にスピード感・力強さ・大胆さを感じさせるのは断然BMWですが、タクシーが求めているのは安全で静かで細やかな走り心地。そのニーズに応えているのはメルセデスの方が優位でタクシードライバー達からは信頼性を得ているのでしょう。車体に関しても、BMWはシートが深く乗り降りする際に高齢者は大変なことや、車内やトランクルームも狭いことからタクシーとしてはあまり適していないと言えます。また、メルセデス・ベンツは顧客であるタクシードライバーの意見を常に取り入れ、新たなタクシー車両の開発・改善に努めていることもあり、いかにタクシー業界にも力を入れているかが分かります。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...