旧車の6割が現役なのはなぜ?気になるドイツでのクラシックカーの維持費を調べてみた

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツのクラシックカーにおける優遇制度は「Hナンバー」の話題を中心に、カレントライフでもご紹介してきました。Hナンバーを探しに、クラシックカーミーティングに参加してみて印象的だったのは、若い世代のオーナーさんも結構いらっしゃるということです。まだ小さい子供を連れているお父さんや、20代の若者だったりと、若くしてスゴイなと感心していたときに気になったのです。「20代でクラシックカー持ち・・・。果たしてやっていけるのか?維持費がすごく掛かるんじゃないの?」と…。

気になって調べてみると、現在ドイツでは、61%のクラシックカーが日常使いされているという事実に驚きました。Hナンバーの車税優遇があるとしても、現代車と比べれば年間の維持費はかなり違うはず。なぜ、日常使いができるのか?気になるドイツでのクラシックカー維持費を調べてみました。

平均年間維持費は約25万円

まず、ドイツ自動車工業協会(VDA)の発表した全体的な旧車の年間維持費は以下の通りです。(※金額は1ユーロ=120円換算)

平均年間維持費(税金、保険料、車検代、保管料含む、燃料費は除外)
ネオクラシックカー(製造後10~20年):788ユーロ(94,560円)
クラシックカー(製造後30年~):2133ユーロ(255,960円)

そしてそれぞれの支払いの仕組みを見ていきましょう。

・車検
クラシックカーは2年に1度の車検(Hauptuntersuchung)が義務づけられています。Hナンバーは一律の60ユーロ(7,200円)となっています。通年ではないですが、Hナンバー申請時に通常車検とは別に、走行支障をきたす欠陥がないか調べるクラシックカー限定の車検があり、別途120~140ユーロを支払う必要があります。

・自動車税
ドイツでのクルマ購入後の絶対的支出となる維持費は自動車税と車両保険です。ドイツのクラシックカーでHナンバーを所有している場合は、自動車税が年間192ユーロ(23,000円)。これは定額なので、車種や排気量、製造年などは関係ありません。Hナンバーを取得していないクラシックカーは排気量に応じて課税がされますが、700㏄m以下排気量のディーゼルエンジンモデルだと192ユーロより安い場合が多いです。

・保険料
日本では車購入時に自賠責もディーラーに払い込み、車検ごとにまた払っていきますが、ドイツでは自賠責にあたる強制保険と任意保険ともに保険会社で手配する仕組みです。クラシックカー専用の車両保険はドイツ国内で18種類(企業)あります。一般的な自動車保険会社でも加入するのは日本よりは難しくありません。

一般保険会社であれば走行距離別プランで、年間8,000㎞以下だと年間約105ユーロ(12,600円)となっています。(ドイツ国内ドライバー全体の平均年間走行距離は14,350km、ネオクラシックカー/製造後10~20年が6,070㎞、クラシックカー/製造30年後以上 は2,800㎞)

ネオクラシック&クラシック

クラシックカー専門の保険会社だと、保険料は製造後年数か、馬力(ps)かで分かれていることが多く、平均は50~110ユーロ(6,000~13,200円)とされています。

例:ADACクラシックカー保険(馬力別)
45年以上 :~75ps :52.32 ユーロ(6,278円)、 150ps: 58.13ユーロ(6,975円)、150ps以上: 63.93ユーロ(7671円)
30~44年:~75ps: 62.23ユーロ(7,467円)、150ps:69.14ユーロ(8,296円)150ps以上:76.05ユーロ(9,126円)

メンテナンス費用はやはり大きく差が出る

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...