景色までも一瞬でアメリカに変えてしまうマジック!?クライスラー300

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

筆者の友人がアメ車屋さんに勤務しています。しかし、この友人は欧州車好きということで「仕事として割り切って」アメ車に接しているのだそうです。なかには日本にも数台しかないようなクルマ(アメ車)に触れる機会もあるようですが、欲しいと思ったことは一度もないのだとか。ダッチ・チャージャーなんて格好いいと思うのですが…。

そんな友人に、クルマを購入していくユーザー層を聞いてみると、20代から70近い方まで、幅広い層がいるとのこと。相対的に欧州車好きのオーナーさんよりもおおらかで、性能よりも見た目(カッコ)重視の傾向が強いのだとか。足回り云々とかよりも「見た目カッコイイから」という理由で、バブ仕上げの24インチホイールを履かせたり、細かいキズも気にしないなど、クルマによってオーナーの趣向が違いますねと話してくれました。クルマだけでなく、他の趣味も持っていたり(例えばサーフィンとか)と、アクティブな趣味をお持ちの方が多いそうです。

景色までも一瞬でアメリカに変えてしまうマジック!?クライスラー300

さて、ドイツからクライスラー300ワゴンの画像が届きました。背景のこともありそうですが、ドイツらしくありません。日本のどこかの工業地帯で撮影したのか確認してくださいと、現地スタッフに問い合わせようかと思ったくらいです。兄弟車であるマグナムもいいですが、こちらも迫力がありますね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...