日本のコレクター垂涎?ドイツ蚤の市は、クルマ好きも楽しめる穴場スポットだ!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

クルマのHナンバー然り、ドイツにはモノを長く大事に使う文化が根付いています。その精神を反映しているものが、蚤の市(Flohmarkt)です。

ドイツ各都市で、毎週・毎月のように蚤の市が開かれています。中でも店舗数の多いベルリン蚤の市は有名ではないでしょうか。地元の方だけでなく、プロのバイヤーも訪れているドイツの蚤の市は、アンティークな家具から芸術品、使わなくなった食器・衣類まで様々なものが見つかります。

その中でも今回注目したいのがクルマ関連のホビーグッズ。日本のクラシックカーミーティングでも、懐かしいミニカーやグッズが販売されていますよね。ここドイツでも、クルマイベントに限らず、蚤の市でもクルマ好きが歓喜するであろうホビーアイテムが見つかります。そこで今回は、先週筆者が訪れた蚤の市で発見したコレクター垂涎(?)のアイテムたちをご紹介します。




▲ミニカーや模型はどの国の蚤の市でも定番ホビーグッズとして存在するのではないでしょうか。クルマや鉄道など種類は様々ですが、レトロ品ならではの錆つきや塗装の剥げ具合も味になっていますよね


▲ディーラーや修理工場で使われていたメタル製看板です。レトロタッチなデザインが素敵で、観光客にも人気が高い品物です。他にも当時の新車モデルや、ビール会社の広告などデザインは豊富です


▲こちらはVWケーファーの広告ポスター。「Es gehört zur Familie.(家族の一員)」と書かれています。ファミリーカー、ドイツの国民車となったケーファーにぴったりのコピーです。価格は10ユーロでした


▲今も読まれているクラシックカー雑誌「Motor Klassik」、10年前の冊子のようです。その上にはADAC(ドイツ自動車連盟)の会員向けマガジンもありますね

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...