メルセデスベンツの独壇場?ドイツでBMWのタクシーが少ないワケ。

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

メルセデスベンツの独壇場?ドイツでBMWのタクシーが少ないワケ。

ドイツで駅前のタクシー乗り場を見てみると、ずらりと並ぶ中でも多いのはC・Eクラスのメルセデス車。フォルクルワーゲンやアウディも見かけますが走っているのはほぼ国産であるドイツ車で、たまに走っているトヨタアベンシスやプリウスはかなりの少数派。そこで気づくのが「あれ?BMWがないぞ?」と。街を見れば颯爽と走るBMWは沢山見るのですが、タクシー車両となると確率がぐんと減ります。この状況は自分の住む街だけなのかと思い、BMWのお膝下ミュンヘン在住の友人に聞いても、確かにメルセデスのタクシーが多いとの答えが。BMWのタクシーが全く走っていないわけではないのですが、車両数は他のメーカーと比べるとかなり少ないのです。確かにBMWはドイツ国内にしても高級車クラスですが、それでもドイツの大衆車として認識されています。そうであるにも関わらずタクシー業界ではメルセデスが群を抜いて人気でBMWがマイナーな存在であるのは何故なのでしょうか? その理由をいくつか挙げてみました。

理由その1:メーカーによってはタクシー車両の割引制度がある

まず大きな相違点としては、メルセデス・ベンツをはじめタクシー車両販売にも力を入れているメーカーは大幅な価格割引を実施していることでしょう。メルセデス・ベンツは公式サイトにタクシー車専用サイトと専用販売カタログがあり、BMWにはそのような専用サイトはありませんでした。同じメルセデスのリムジンC200dモデルで一般販売用とタクシー特別仕様で価格を比べてみたところ、本体価格はタクシー車両の方が通常より2~3割程安く設定されています。その上タクシー業務上必要なオプションパーツ・機能のほとんどがすでに本体価格に含まれているので、他社で一からオーダー、オプション追加した場合の全コストと比べれば、最終的に約4~5割程安価で購入できるのではないでしょうか。もちろん更なる追加オプションも可能で、そちらもかなりの割引価格で装備することができます。それに加えてメルセデスはタクシー車両レンタルも提供しています。BMWは高級車の上にそのようなタクシー仕様車もなく、割引も実施していないので車体購入時点でかなりのコストが発生してしまうことから、タクシー運転手たちは元々手厚い保証とサービスが付いたメルセデスを好んで選ぶといえそうです。

理由その2:タクシー業務に適した乗り心地の違い

タクシー業というのは客を乗せ目的地まで運ぶ旅客運輸業。その為にも顧客及び乗客が快適だと感じる車でないといけません。2社のコンセプトで比較するとメルセデスは「コンフォート」、BMWは「スポーティ」を売りにしています。走り手にスピード感・力強さ・大胆さを感じさせるのは断然BMWですが、タクシーが求めているのは安全で静かで細やかな走り心地。そのニーズに応えているのはメルセデスの方が優位でタクシードライバー達からは信頼性を得ているのでしょう。車体に関しても、BMWはシートが深く乗り降りする際に高齢者は大変なことや、車内やトランクルームも狭いことからタクシーとしてはあまり適していないと言えます。また、メルセデス・ベンツは顧客であるタクシードライバーの意見を常に取り入れ、新たなタクシー車両の開発・改善に努めていることもあり、いかにタクシー業界にも力を入れているかが分かります。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...