ドイツ現地のBMW iシリーズからみる、電気自動車の未来とは?

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

都内では最近ちらほら見かける機会も出てきたBMWの電気自動車。日本ではまだまだせいぜいi3が主流で、i8はそろそろ納車がスタートされ始めた頃でしょうか?さすがにドイツでは、i8も既に相当の台数が走っているようですね。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

日本でのディーラーでの価格は1917万円。誰でも気軽に購入できるクルマではないですが、すでに1年待ちでは効かず、今からオーダーしても2年後になるとの説も飛び出すほど。確かに4700㎜程度でバッテリーも積みながら1500kgほどの車体を出力としてはEVの特性で走るクルマというのはどんな乗り味なのでしょうか。

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

おそらく興味があるのは私も、ドイツの人々も同じでしょう。一時テスラロードスターなどはありましたが、スーパーカー的な位置付のEVというのは今までなかったのではないでしょうか?スーパーカーというのは、確かにものすごい大きなエンジンで大きなパワー、またそういうエンジンが奏でるエグゾーストノート、そしてそれらを包む非日常感にあふれるデザイン、豪華な内装。そういったすべての存在で見る人を魅了する。それらすべてを含んでの魅力なのではないでしょうか。

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

想像してみてください。暗闇から音も立てずに今まで見たことのないデザインのクルマが煌々とヘッドライトをつけて目の前に滑り出てくるように現れたら・・・そう考えると(レンジエクステンダー:発電用エンジンを搭載してはいるものの)電気で高周波のモーターの作動音だけで走ることのできるこうしたスーパーカー、実際に乗ってみたいし見てみたいと思わずにはいられませんね。

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

あのBMW i8を目撃!ブラックカラーがカッコいい

続けて、BMW i3についてのレポートです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...