もはや六本木のカローラではない。BMW3シリーズカブリオレ(E30)

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

この記事をご覧いただいている方の多くは、E30型のBMW3シリーズといえば、まっさきにM3を連想するかもしれません。しかし、これはマニアックなチョイスで、素の3シリーズを連想するのが一般的ではないでしょうか。

現役当時のメルセデス・ベンツ190Eが「小ベンツ」、そしてE30型のBMW3シリーズが「六本木のカローラ」と揶揄されていたのはあまりにも有名ですね。アラサー前後の女性が、自ら赤い190Eを購入して乗っていました。筆者の先輩は、20代そこそこで中古の黒い325iカブリオレを購入し、週末になると女性を助手席に乗せて湘南ドライブを楽しんでいたそうです。もちろん、陽気のいいときはオープンで。

最近は、赤い190Eも、黒い325iカブリオレも本当に見掛けなくなりました。大半がその役目を終え、郊外の草むらなどでひっそりを余生を過ごしているのでしょうか。それでもときどき、二ケタナンバーの両車に遭遇することがあります。おそらく、ワンオーナーかツーオーナー車あたりでしょう。維持費もそれなりに掛かっているはずです。それでも手放せない何かがあるのでしょうね。

もはや六本木のカローラではない。BMW3シリーズカブリオレ(E30)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...