ベルリンの湖でのんびりと過ごす。ドイツ流・夏の楽しみ方

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本は今年過去最高の猛暑を記録しましたが、それとは対照的にドイツは猛暑日も数日程度、今となっては15度前後と肌寒くなり急いでジャケットを引っ張りだしました。ここ数年ドイツも35度越えの猛暑が長期続いていたため、今年こそネットでクーラーを買おうかとか(ドイツにはクーラーがありません。)色々と心配していましたがそれも杞憂に終わったようです。

国民一大イベント「ウアラウプ」

さて、そろそろ夏の終わりを迎えるこちらドイツでは、ドイツ人達の休暇ラッシュが始まっています。日本のお盆休みのような大型連休はありませんが、ドイツの会社では年間平均4週間ほど「ウアラウプ」と呼ばれる有給休暇が与えられ、有給消化が「義務」となっています。

使い方は人それぞれですが、大体はこの夏の時期に2~3週間まとめて有給を取って旅行に出かけるのが基本。「ドイツの夏=民族大移動」と言われるほど、このウアラウプのために1年かけて一生懸命働くドイツ人達。8月終わりから9月にかけるちょうど今頃、お日様大好きな彼らはこぞって国を飛び出し、陽の当たる南の国へバカンスしに行きます。

11667412_834751709965324_1882520145313054576_n

ベルリンの湖が人気なのはアクセスの良さ

バカンスの定番としてはスペインのマジョルカ島へ行く人が多いのですが、年配の方にはドイツ北部のオストゼーやその他国内の湖畔のある街が人気です。北部以外が海に面していないドイツでは海水浴ならぬ「湖」水浴が一般的。暑い日は湖畔でカフェタイムを過ごしたり、サイクリングをしたり、それぞれの楽しみ方で涼を得るというよりかは、燦々と照る太陽の光を楽しみます。そして「湖」で最近人気を集めているのが首都ベルリン。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...