若い女性こそ似合う?メルセデス・ベンツ380SL/R107には線の細いスマートさがある

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

先ごろ日本でも新しいSLが発表されました。今回は久しぶり、44年ぶりにSクラスクーペにもカブリオレが登場。さらにSLKは名前の根拠であるコンパクトの綴りがkからcに変わり「SLC」に。SLCと言ったらR107の頃にストレッチしたクーペがあって、それのことを思い出すのは私だけでしょうか。国内では唯一のマニュアルトランスミッションが選べたモデルがしれっとカタログから落とされた模様で、個人的にはそれが寂しいのが一番強い印象ですが。

13315450_10154132601266772_9003461784445855136_n

ドイツからそんなSLのレポートが届きました。それこそR107です。これも最近ではずいぶん見なくなりましたね。線の細いスマートさがあって素敵なクルマです。若い女性でしょうか。ドライバー。380と言いますから前期モデルでしょうか。そしてこのクルマの外観。大きなバンパーが付いていますね。これおそらくアメリカ仕様です。なんかアメリカ仕様のメルセデス、ヨーロッパで見ると日本で見るアメリカ仕様以上に違和感を覚えるから不思議です。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...