アウディR8で月面旅行も可能な時代に?アウディの新たな販促プロジェクト「VR Experience」とは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

VR元年とよばれた2016年。仮想現実と意味するバーチャルリアリティ(VR)を利用したゲームも発売され、ここ1年でVRの認知率が世界でもぐっと上がったのではないでしょうか。今後、さまざまな分野でVRが導入されていくことが予想されるなか、ドイツの自動車業界でも、そのVRを活用した販売方法がひろがりつつあるようです。

なぜVRなのか?

ドイツでは、はじめて新車を購入するのは40代からといわれています。ドイツはクルマの価格帯が世界的にも高いこと、さらに中古車市場がさかんなこともあり、ほとんどが中古車購入です。そのため、ただでさえ新車購入目的でディーラーへやってくる人は少ないのです。ドイツで新車を購入するユーザーはほとんどがインターネットでモデルを見て、候補を比較&決めることが多く、実際購入までにディーラーに通う回数は平均1~2回だといいます。ディーラーを訪れる理由としては、価格(または交渉)を聞くのが第一で、オプション追加などの相談はごくわずかなのだそうです。

インターネットの普及で、自宅からでも十分な情報が得られ、注文・購入までなんでもできる時代。「もっとクルマをじっくり自分の目で見てほしい」。この願いのもと、ドイツの自動車メーカーは、いかにユーザーにショールームへ来てもらえるか?と考えました。そして、クルマを購入するまでのショールームへの訪問回数、滞在時間が少ない現状を改善するため、VRを利用した販売促進法を提案。顧客をショールームへ誘引し、購入する際の選択肢を増やすねらいもありますが、販売側にとって、空間・時間的要因を問わない新たなクルマの宣伝メソッドとして注目されています。

ドイツメーカーの中ではアウディが開発トップ

現在VRを自動車市場へ起用するべく、研究開発しているのはアウディ、VW、BMW、メルセデス・ベンツ、ランドローバー、ジャガーです。そのなかで、アウディは2012年よりVR戦略をかかげ、すでに実用段階まできている唯一の企業です。

アウディが発表したVRプロジェクトの名は「VR Experience」。アウディモデルのインテリアやエクステリアを3Dバーチャル空間上で見ることができるシステムです。VR機はHTC製を採用しており、このシステムのために特別開発したヘッドホンとサウンドシステムで、まるで実物に乗り込んだような機械音(エンジン音)を体感できるのがウリとなっています。

「VR Experience」は、5×5㎡のスペースの中に大画面スクリーンとVRヘッドセット、コントローラーがついた体験キットが用意されています。画面はタブレットにより操作され、ゴーグルをかけたとたん、目の前にはアウディのクルマが!モデル、ボディカラー、背景やシチュエーションまでも自由に選択でき、なんと月面にまで飛べるというあそびごころも…。

ユーザーは、立っても座ってもVRを楽しむことができます。例えば、座ったままの場合、外観または内装をタブレット操作によって360°視点から見ることができます。立った場合は、みずから(VR画面上の)目の前にあるモデルまで歩いて近づくことが可能で、体をかがめれば車内も覗きこむことができます。

内装はステアリングのステッチの縫い目やシートの材質感まで詳細に再現され、アウディのこだわりが感じられます。そして外装・内装だけではなく、各パーツに近づいて覗きこむと、透明のグラフィックに変換され、エンジン内部やあらゆるパーツの細部まで構造がわかるしくみとなっています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...