クルマを眺めるならテールから!後美人(バックシャン)なクルマ5選

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!ライター山本です。今週の「週刊中年フライデー51号」は勝手な企画!「なんでもランキング」ですよ!これは私、山本がグッとくる物を私好みのにランキングして皆さんにご紹介すると言う、「一人起承転結」の企画でございます。その1回目は「後美人(バックシャン)」特集です。とは言っても、もちろんクルマの話ですよ!

ここは、某県の「週刊中年フライデー」編集部。「サカゼン派」の編集長と「しまむら派」の星野くんのデコボココンビが編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野くん!今回から新企画だ!」

hoshino星野「編集長?またカレントライフ編集部に嫌がられますよ!?」

yamamoto山本「大丈夫!ちゃんと企画を立ててやってますから!」

hoshino星野「・・・・・。(たぶん、アカンな。)」

yamamoto山本「星野君!君は何のランキングをやりたいかな?」

hoshino星野「そうですね・・・。イケメンギタリスト特集ですかね?」

yamamoto山本「・・・・。(クルマ関係ないじゃん。)」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき早速行ってみよう!

クルマのデザインは、どうしても「フロント」からの姿をイメージしますが、私は「テール」からクルマを見るのが大好きです。そんな、「後美人(バックシャン)」のBEST5を、私の好みでランキングしたいと思います。

第5位 フィアット 131ミラフィオーリ(1980年)

14815812707_4c0d7f1551_b
出典:https://www.flickr.com/

真四角な、なんの変哲もないこのクルマ「フィアット131ミラフィオーリ」ですが、リアから見ると何とも言えないスタイリッシュな形です。テールランプも四角く、本当に普通のセダンなのですが一皮むけばスポイラー等の装着で、一気にラリーバージョンに変貌しやってやる感が醸し出てきます。当時、他のクルマが有名デザイナーによってデザインされている中、フィアットの社内デザインによって作成された無骨さも、私にとっては好きなリアサイドビューの1台です。

第4位 オペル 1900GT(1972年)

1972-gt-2
出典:http://momentcar.com/

意外と私の周りに「オペル1900GT」が普通にあったので、特別なクルマとは思っていませんでしたが、イベント会場などでの人気を見るとやはりマニアックで特異なクルマなんだなあとつくづく思います。そんな「オペル1900GT」はどうしてもインパクトのあるフロント部分が注目されがちですが、忘れちゃ困るのがリアの跳ね上がった部分と丸テールの部分です。「スモールコルベット」や「スモール2000GT」等と言われたりしますが、当時のオペルのデザイナーが「シボレー」と兼務していたと言う話からすると頷けますね!

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...