クルマ乗りならトリセツ=クルマでしょ!レトロ取扱説明書は昭和の逸品

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

昔のクルマは「取扱説明書=トリセツ」は、オシャレでかっこよかったです!

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!今回の「週刊中年フライデー24号」は昭和の逸品「レトロ取扱説明書」です。今週も山本編集長と天然系バイト星野がお送りいたします!

ここは、某県の「週刊中年フライデー」編集部。「中島悟派」の編集長と「鈴木亜久里派」の星野くんのデコボココンビが編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野君!今回は『取扱説明書』だ!もちろんレトロだぞ!」

hoshino星野「編集長!知っています!あの曲、いいですよね!?」

yamamoto山本「え~と、それは『取扱説明書』ではなく『西野カナ』の『トリセツ』だよね!」

hoshino星野「すみません~。コンサートの曲順ですよね?」

yamamoto山本「星野君。それは『セトリ』だ。セットリスト!」

hoshino星野「そうなんですか?前回好評だったので又、音楽ネタかと。」

yamamoto山本「・・・・。(前回、あまり『イイね』が付かなかったの、知ってるくせに)すみません(泣)」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき、説明しよう!

昔のクルマ取説は、表紙もおしゃれでした!

週刊少年フライデー24号1

編集部のやりとりでもちょっと触れましたが、最近は「トリセツ」と言っても世の中で大体通じるようになったのは、「西野カナ」さんのおかげです(笑)クルマ乗りとしては、「トリセツ」=「クルマ」となると思うのですが、電気機器や雑貨にも「トリセツ」はついています。しかし、字ばかりでつまらないものが多く、読まないでしまい込むなんて事はありませんか?そこへ行くと昔のクルマの「取説」は読みたくなるようなおしゃれなものでした!

その一つに「1959年フォードアングリア」の取説になります。イギリスフォードで人気車種であったこのクルマは、まさに「アングリア(ラテン語)=イギリス」でした。1959年にフルモデルチェンジした時のものかと思います。1198ccで46馬力。最高速は134キロの性能で、当時はレース等にも使われていたようです。シンプルな室内の計器の説明から、下回りから見る透視図等が描かれています。しかし、残念な事が一か所あります。それは、リアの部分が描かれていないことです。「アングリア」は「クリフ」と言われるリアガラス部分が有名で独特の形をしています。垂直に近いカットはまさに「クリフ=崖」。出来れば、カタログではありませんが「取説」にも・・・と思ってしまうのは私だけでしょうか?

フォード・サンダーバードザ・アメ車とはまさにこの車でした!

週刊少年フライデー24号2

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...