「輸入車 VS 国産車」あの輸入車にちょこっと似てるあの国産車たち

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!1週間のご無沙汰でした!今回の「週刊中年フライデー33号」は、マニアの逸品「あの輸入車にちょこっと似てるあの国産車」です。今週も山本編集長と天然系バイト星野がお送りいたします!

ここは、某県の「週刊中年フライデー」編集部。「かき氷派」の編集長と、「ソフトクリーム派」の星野くんのデコボココンビが、編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野君!今回は『あの輸入車にちょこっと似てるあの国産車』だ!」

hoshino星野「本当に似てるんですか?」

yamamoto山本「うーん?個人的感覚の差はあるかも知れないな。」

hoshino星野「まるで通販のダイエット器具みたいですね?」

yamamoto山本「はあ。」

hoshino星野「まあ、見終わって読者の感想を聞きましょう!」

yamamoto山本「・・・・。なんで、あなたが上から目線?(泣)」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき、説明しよう!

さあ!皆さん!今回は「輸入車VS国産車」ですよ!とは言っても「ビシ!」としたものではなく、何となくゆるーい企画ですので、突っ込みどころ満載かと思いますが、温かい目で見守って読んでくださいね(笑)

X1-9 VS エクサ
「容姿は似てるんですけど、コンセプトは全く違う2台!」

フィアットX1-9 VS 日産 パルサーエクサ

「フィアットX1-9」と「日産 パルサーエクサ」は、見てもらって分かる通り、デザインが似ている2台ではないかと思います。「X1-9」は1973年発売開始の「ガンディーニ&ベルトーネ」の黄金コンビの設計デザインです。MRの1300&1500ccのミッドシップで「ベルトーネ」にエンブレムが変わって、1989年の16年間に渡り販売されました。タルガトップのスポーティーなボディとは裏腹に、平凡なエンジン「史上最低のミッドシップ」等と陰口を言われた事もありましたが、現在では「希少車」として高値で取引されています。かたや、「パルサーエクサ」は1982年発売開始の1500ccの2ドアノッチバッククーペです。そして、一見MRのように見えるのですが、こちらはFFです。しかしこのクルマ、ただ者ではありません。1983年には「ターボ」を追加、そして日本初の「ドアミラー」の採用、100台限定の「コンバーチブル」等色々な意味で「先駆者」でもありました。コンセプトはそれぞれ違っても、エンドユーザーに与える強烈なインパクトは、この2台からは同じように伝わって来るような気がしました。

ルノー4 VS パオ
「先輩と後輩!意識したコンセプトがこうなった!」

ルノー4 VS 日産 パオ

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...