性能は置いておけ!エンジンオイル缶の秀逸なデザインはオブジェにもなった

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!1週間のご無沙汰でした!今回の「週刊中年フライデー43号」は、昭和の逸品「エンジンオイル缶のデザイン」です!今週も山本編集長と天然系バイト星野がお送りいたします!

ここは、某県の「週刊 中年フライデー」編集部。「ビバンダム派」の編集長と「マシュマロマン派」の星野くんのデコボココンビが、編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野君!今回は『オイル缶のデザイン』だ!」

hoshino星野「編集長!やっぱり夏はオイルですよね?」

yamamoto山本「え~と?星野君!なんで夏限定なの?」

hoshino星野「え~!?編集長!?そんなの常識ですよ?」

yamamoto山本「そうなのか。確かに夏はクルマにとっては大事な問題だからね。」

hoshino星野「え?クルマ?私にとってですよ!水着はスクール水着で・・・・うふ!」

yamamoto山本「・・・・。それ『サンオイル』ですから!!」

hoshino星野「あ!夏が終わる~」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき、説明しよう!

さあ!皆さん!今回は「エンジンオイル缶のデザイン」ですよ!カラフルな缶はオブジェにもなりましたよね?憶えていらっしゃいますか?性能はこっちに置いといて、とりあえず行ってみましょう!

「Gluf」(アメリカ) 1901年~1982年

gulf
「自分の914をこの色にしたかったです!」

このカラーリングはどちらかと言うと、モータースポーツのイメージがありましたね。私も何度も自分のクルマを、このカラーリングにしたいと思いました。1984年に会社としては「シェブロン」に吸収されてしまいましたが、伝統のこのカラーリングは健在です。

「PENNZOIL」 (アメリカ) 1913年~

PENNZOIL
「アメ車にはこのオイルとステッカー貼ってました」

「PENNZOIL」と言えば「インディーカー」のイメージが強いですよね!そしてそのことが=アメ車につながる事となっています。黄色のカラーリングレースでも非常に印象的です。2002年に「ロイヤル・ダッチ・シェル」に買収されます。名前の由来は「ペンシルベニア産鉱物油」が当時最高と言われていた為のネーミングです。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...