旧車乗りが何故か吸い寄せられる。シトロエン2400CXパラスのオタク回顧録

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!ライター山本です。今週は、「週刊中年フライデー44号」の「輸入車オタク回顧録」です。このコーナーも「中フラ」として皆様にお届けすることになりました!私の失敗談ですが、笑って読んでやってくださいね!

ここは、某県の「週刊 中年フライデー」編集部。「かっぱえびせん派」の編集長と「サッポロポテトバーベQ味派」の星野くんのデコボココンビが編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「今回から新規シリーズで中フラのテコ入れだ!」

hoshino星野「ていうか~別々の企画を一つにまとめただけですよね?」

yamamoto山本「し~!気が付かない人もいるかもしれないだろ?」

hoshino星野「じゃ~、口止め料として『コールドストーン』の『チョコミント』で!」

yamamoto山本「なんで、バイトに口止め料払わないといけないの?トホホ・・・」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき早速行ってみよう!

私は20歳の頃から輸入車に乗っていました。当時「外車」と言えば、アメ車やドイツ車等が中心で、それでも外車乗りは「金持ち」「変わり者」「成功者」なんてイメージが勝手に先行していました。そんな中でも私、山本は、人と違う路線のクルマを探し乗り続けてまいりました。ここではその「迷車」「珍車」をエピソード交えて紹介させていただきます。

旧車乗りが何故か吸い寄せられるシトロエン。私は2400CXパラスでした。

前回、私のオタク回顧録は「ゴルフ カブリオレ」でしたが、今回も私にとって自分の意と反し手に入れた「シトロエン2400CXパラス」です。 このクルマは、私にとって急に目の前に現れ、あっという間に自分のものになったと言う不思議なクルマでした。以前紹介した、燃える「X1/9」でちょこっと触れたかも知れませんが、買った当日に故障してしまったX1/9をクレームで返しに行ったときに、その車屋さんの社長が何故か進めてきたのが「シトロエン2400CXパラス」でした。

シトロエン2400CXパラス
出典:http://www.favcars.com/

シトロエン2400CXパラス
出典:http://www.favcars.com/

ちょっと待ってください。私が買ったのは「フィアットX1/9」その前が「ポルシェ914」どう見てもコンセプトのまったく違うクルマを薦めてきたのです。そりゃあ、買うつもりがある訳ありません。だって私が求めていたのは「オープン2シーター」か「タルガトップ」で、あの大きな車体のシトロエンには興味がありませんでした。しかし、「ちょっと乗ってみない?」と言う悪魔の囁きに私はまんまと乗ってしまうのでした。

エンジンを掛けたとたん、シトロエン全体に『血』が通ったようにクルマが動き出しました。

その社長がキーを差しエンジンを掛けると、シトロエンはしばらくして腰を上げるように、ペタンコだった車体がムクムクと起きだし車高があがったのです。初めて見る私にはその光景に感動すら覚えました。「これは『ハイドロ』と言うんだよ」と説明と同時に私はシトロエンの助手席に乗っていました。社長の運転で近所を走ると、シトロエンの乗り心地の良さにびっくり!

シトロエン2400CXパラス
出典:http://www.favcars.com/

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...