ドライブデート用のちょっとイケてる「洋楽クリスマスソング」BEST5

最終更新日: 公開日:2016-12-23 | Posted in 週刊中年フライデー

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!ライター山本です。今年も一年ありがとうございました。皆様よいお年をお迎え下さいね!今週の「週刊中年フライデー57号」は好評の企画!「なんでもランキング」です!これは私、山本がグッとくる物を私好みにランキングして皆さんにご紹介するという、「一人起承転結」の企画でございます。6回目はクリスマスも近いので、ドライブデート用のちょっとイケてる「洋楽クリスマスソング」です!

ここは、某県の「週刊中年フライデー」編集部。「七面鳥派」の編集長と「ケンタッキー・フライド・チキン派」の星野くんのデコボココンビが編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野くん!今回は洋楽クリスマスソング編だ!」

hoshino星野「編集長!ついに趣味性に走りだしましたね?」

yamamoto山本「星野くん!たまにはいいではないか!?」

hoshino星野「せっかく好調の企画なのにここで一休みですね?」

yamamoto山本「・・・・。(気にしてることを・・・。)」

hoshino星野「まあ、クリスマスなので行ってみますか!(笑)」

yamamoto山本「はい。」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき早速行ってみよう!

さあ、もうすぐクリスマスです。街にはクリスマスソングが流れ始めていますね?「山下達郎/クリスマスイブ」「稲垣潤一/クリスマスキャロルの頃には」等、邦楽の名曲は数々ありますね。洋楽も沢山の名曲があります!もちろんあの曲も入ってますよ!

第5位:イーグルス/ふたりだけのクリスマス

61xisf1gtnl-_sl1050_
出典:https://www.amazon.co.jp/

1978年に当時、人気上昇中のなか発表された「イーグルス」のクリスマスソング「ふたりだけのクリスマス」は「チャーリー・ブラウン」のカヴァーであり、のちには「ボン・ジョビ」等もカヴァーした名曲です。しかし、このシングルジャケットはクリスマスソングなのに、たしかプールサイドでの撮影された写真がジャケットに採用され、「ホテル・カリフォルニア」のイメージを残しつつの為か、ちぐはぐ感が醸しだされる1枚となってしまいました。しかし、曲の仕上がり感はこの曲をカヴァーした中では1番いい出来だと私は思っているので、あえて5位にランクインさせてもらいました。

第4位:クイーン/サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス

61gsdqakagl-_sl1119_
出典:https://www.amazon.co.jp/

1984年に発表された「クイーン」のクリスマスソング「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス」はイギリスのヒットチャートで21位を獲得しました。しかし、クイーンのヴォーカル「フレディ・マーキュリー」が生存中には、アルバムに収録されない企画色の強い1曲だったのかもしれません。1991年にフレディが死去すると1999年に追悼ベストアルバムの「クイーン・グレイテスト・ヒッツⅢ」に収録され15年間の時間を経て再度注目される曲となりました。しかし、中々ほかのクリスマスソングに比べ知名度は少ないのですが、凄くいい曲なので皆さん是非聴いてみてください!

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...