チャンスがあれば乗ってみたい!輸入車「ワゴン」を勝手にBEST5

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!ライター山本です。さて、今週の「週刊中年フライデー」は好評の企画!「なんでもランキング」ですよ!これは私、山本がグッとくる物を私好みにランキングして皆さんにご紹介するという、「一人起承転結」の企画でございます。8回目は「ワゴン編」です!

ここは、某県の「週刊中年フライデー」編集部。「アンビル酒店派」の編集長と「カクヤス派」の星野くんのデコボココンビが編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野くん!今回はワゴン編だ!」

hoshino星野「編集長!わたしもワゴン大好きです!」

yamamoto山本「そうか!?使い勝手がよくて便利だな!」

hoshino星野「そうですね。格安ですし。」

yamamoto山本「格安?そうかな?」

hoshino星野「私は、ラフォーレとか109が好きです。」

yamamoto山本「?・・・・・。それワゴンセールですよね?」

hoshino星野「はい!バーゲン命ですから~!」

yamamoto山本「ワゴン違いですから~!!残念!」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき早速行ってみよう!

日本車は昔「ライトバン」はあったけれども「ツーリングワゴン」たるカテゴリーは最近になってからではないかと思います。そんな粋な「ワゴン」を勝手にランキングしたいと思います。

「第5位 オペル アストラFワゴン(1992年)」

Opel_Astra_F_Caravan(GL,_1992)
出典:https://commons.wikimedia.org/

日本人カーデザイナーである「児玉英雄」氏のデザインで、シンプル且つ機能性に優れた「ドイツ車」らしいこのアストラは、「カデット」と深い繋がりがあります。91年が初代「アストラ」であるのに「F」であることはあまり知られていないかもしれません。

「オペル」は「マンタ」のように「初代=A」「二代目=B」と言う事がありますが、アストラは何故か「初代=F」なのです。それは、以前アストラと同じプラットフォームから作っていた車を「カデット」と呼んでいました。84年~91年まで製造したいた「カデットE」を継ぐような形で「アストラ」は誕生しその名も「F」となったワケです。「カデット キャラバン」の意思を継ぎ、日本でも中型ワゴンの草分け的1台となったこのクルマを5位とさせていただきました。

「第4位 ボルボ245 GEL(1975年)」

1975-1978_Volvo_245_DL_station_wagon_(2011-03-10)_01
出典:https://commons.wikimedia.org/

「ステーションワゴン」と言えばこのクルマの日本登場によって市民権を得たのではないでしょうか?ボルボのカーデザイナー「ヤン・ヴィルスガールド」によってデザインされたこのクルマは「空飛ぶレンガ」とも言われていました。ボルボはコードナンバーの最後にドアの枚数を入れてあることが有名でした。2ドアは「242」、4ドアは「244」、そしてワゴンのこのクルマは「245」となるわけです。(1980年からはすべて最後の数字は0に統一されました。)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...