皆さんのお気に入りはありますか?グッとくる「車のサイドライン」BEST5

公開日:Posted in 週刊中年フライデー by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!ライター山本です。今週の「週刊中年フライデー54号」は前回好評の企画!「なんでもランキング」ですよ!これは私、山本がグッとくる物を私好みのにランキングして皆さんにご紹介すると言う、「一人起承転結」の企画でございます。3回目は「サイドライン」特集です!

ここは、某県の「週刊中年フライデー」編集部。「松田聖子派」の編集長と「中森明菜派」の星野くんのデコボココンビが編集会議中であります。ちょっと覗いて見ましょう!

yamamoto山本「星野くん!今回はサイドラインだ!」

hoshino星野「編集長。サイドラインって何ですか?」

yamamoto山本「純正で車のサイドビューについているラインだ!車がスポーティーに見えるぞ!」

hoshino星野「そんなに車にラインってありましたっけ?」

yamamoto山本「まあ、見ていたまえ!」

hoshino星野「・・・・。(今日の編集長はちょっと違う!)」

・・・・編集部の相変わらずの茶番劇はほっとき早速行ってみよう!

クルマのデザインは、デザイナーの想いが詰まっていてどの角度からも素敵ですね。しかし、ちょっとした「サイドライン」でサイドビューが一気に変わることがありますね。そんな、「サイドライン」のBEST5を、私の好みでランキングしたいと思います。

第5位:オペル マンタ(1972年)

opel-manta-a-gte-1974
出典:http://www.speeddoctor.net/

私にとって一番想いが詰まってるクルマであり、尚且つ「旧オペル」の魔力に憑りつかれてしまったきっかけになった1台です。「ラリー」での活躍や、特撮のマニアック番組「レッドバロン」でも登場していた「マンタ」のアグレッシブな部分は、デザインもありますがボンネットの艶消しブラックとサイドラインではないでしょうか?一見おとなしくみえてしまう「マンタ」のやってやる感をアップさせるには、このラインは必要なものかも知れませんね。私の「マンタ初号機」にも当然このラインが入っていました。

第4位:デ・トマソ・パンテーラ GTS(1973年)

174_1_1
出典:https://www.classicdriver.com/

本当は、この車を1位にしたいくらい好きなサイドビューなんですが、審議の青ランプが!?そうです。このデカールはラインではないでしょ?と言うご指摘も。ですから、それを含め4位と言うランキングになりました。しかし、このサイドビューの迫力は、「カウンタック」「フェラーリ」とは一味違った雰囲気がありました。スーパーカーブームの火付け役「サーキットの狼」にも「四国の獅子」の愛車として登場!イエローとブラックのツートーンカラーのパンテーラは、主役の人気を食ってしまうほどのサブキャラの1台として活躍しました。

第3位:ポルシェ911 カレラRS(1973年)

73-porsche_911-rs_carrera_trng_dv-08_bc_01
出典:http://www.conceptcarz.com/

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...