クルマが好きってすてきなこと。クルマ好きどうしでアートを楽しむ旅『Targa NAOSHIMA』

公開日:Posted in イベント by

少し時間が経ってしまいましたが、すてきな『クルマ旅』に行ってきました。題して『Targa NAOSHIMA』。

イベントタイトルの由来は、公道レース『タルガ・フローリオ』から。レース会場となるイタリアの風光明媚なシチリア島に、瀬戸内海に浮かぶ自然とアートの島『直島』のイメージを重ねた、クルマ好きらしいチャーミングなタイトルです。

筆者の心のなかで、カレントライフのライターである中込健太郎さんの記事『クルマのイベントの理想型はクルマがメインではない』と、このイベントの主催者・那須啓文さんの言葉が結びつきました。

「今回のようにまったくバラバラな趣向のクルマで集まって走っても、 そこには 不思議と “共通語”なるものがあるのだと、あらためて感じました(那須さん)」

さまざまな年齢・ライフスタイルのオーナーたちが垣根を越えて感動や楽しさを共有しながら“クルマが好きってすてきなこと”をしみじみと感じられるイベントはまさに『理想型』。ぜひ記事でみなさんにお伝えしたいと思い、今回筆をとった次第です。


Photography(c)Daisuke Aochi
タイトル画像提供 / ブルーワークスPHOTO&DESIGN Office

主催者、那須さんの想いとは


▲娘さんの誕生を機に“競技の育児休暇”としてミーティング参加やロングドライブを楽しんでいるそうです

Targa NAOSHIMAを企画した那須啓文さん。那須さんは、もともとクラシックカーでレースに取り組んでいましたが、娘さんの誕生と同時に“競技の育児休業”という名目でレース活動を一時休むことに。それからは、ミーティングやツーリング趣向のラリーなどを楽しんできました。さまざまな車種のオーナーとの交流も深まったことから、仲間どうしで今回のような『クルマで小旅行』を楽しむようになったそうです。

「クルマを走らせる“愉しみ”の優先順が、自分のなかで“どれだけ勝てるか”から“どう遊べるか”重視に変わったとき、旧いクルマを愛するさまざまなスタイルを持つ人たちとの交流がさらに広がりました。趣向のなんとも多様なことに、驚かされることしきりなのです。“競技の育児休業”の間に出会った多くのかけがえのない紳士淑女のみなさんとは、いつまでも末永く遊んでもらいたい……そんな思いでこんな“ワルい洒落”のノリでネーミングした呆れた企画を次々とやっている、今日この頃です(笑) 」

今回の企画は、那須さんのクルマ仲間の先輩が放った「とにかくクルマで旅がしたい!」のひと言がきっかけ。旅のキャッチフレーズは『たまには“芸術家気取り”でアートに親しんでみよう』。クルマ好きで芸術の魅力を共有し、非日常を楽しんでみようというコンセプトです。


▲那須さんがデザインしたTarga NAOSHIMAのエンブレム。ワッペンにしたいほどチャーミングです

個性豊かな8台が集まりました

参加したクルマたちは

・トライアンフ スピットファイア
・バーキン セヴン
・トヨタ MR2(AW11)
・スズキ ジムニー SJ30
・フォルクスワーゲン ビートル
・ニッサン サニー1200(B110)
・アルファロメオ75
・ホンダ S2000(AP1)

の8台。

クラシックカーが中心ですが、ジャンルはさまざま。共通していることはオーナーに溺愛されていることのみ!参加の8台をご紹介していきましょう。

■トライアンフ スピットファイア(1974年製)

「以前のように、サーキットで競うという観点だけでは絶対に選択しないクルマでした。ずっと傍らに置いておき、時々走らせたいという衝動が途絶えないのは、やはり他に似ない固有の存在感を放っているからでしょう。旧き佳き時代を匂わせる構成要素をギュッと凝縮してくれている、とても魅力的なヤツです」

那須啓文さんのトライアンフ スピットファイアは、那須さんが“競技の育児休業”に入ってから手に入れたクルマで、非常に可愛がっている1台。愛車への熱い想いがほとばしります。

「きわめてコンパクトなサイズながらも『ロングノーズ・ショートデッキ・ロングオーバーハング』という古典的プロポーションで魅せることを筆頭に、古典的デザインの定番である『ウエストのくびれ』も大袈裟でなく、程良い加減が魅力です。マスクごと大きくチルトで開閉するエンジンフードは高揚感を演出してくれますし、予想よりもはるかに低いドライビングポジションは、原始的な運動性能をカバーして“愉しい”運転感覚を与えてくれるに余りあるのです」

■アルファロメオ 75(1991年製)

森山直也さんの愛車は、アルファロメオ 75。アルファロメオ創立75周年に登場、トランスアクスルを採用したモデルです。森山さん曰く、トランスアクスルや排気音など、75ならではの特長が魅力的だそう。

■フォルクスワーゲン ビートル(1969年製)

平谷忠司さんの愛車はフォルクスワーゲン ビートル。シングルプレート・封印・取り付けボルトは新車当時のままで、オーナーは平谷さんで3代目。晴れた日やイベントのある日に走らせているそうです。

「唯一の趣味。クルマは転がしてナンボ。これからも愛情とお金をかけます!」

■スズキ ジムニー SJ30(1985年製)

加藤三千範さん・直美さんご夫妻の愛車、ジムニーSJ30。ご夫妻の知人の紹介で購入したそうで「軽量な2サイクルエンジンと排気音がお気に入り」とのこと。奥さまの通勤やレジャーで大活躍しているそうです。

■トヨタ MR2(1989年製)

『たってぃ』さんのトヨタ MR2(AW11)は、約22年間ともに暮らしている分身的存在。イベントはもちろん、サーキット走行も楽しんでいるそうです。

「走りの楽しさや難しさを教えてくれ、今回の旅行のように色んな方と出会えて本当に楽しいクルマです!」

■ニッサン サニー 1200(1973年製)

立花忍さんのニッサン サニー(KB110GX-5)は、手に入れて約13年。年数回のサーキット走行とツーリング、イベントなどに参加されています。チューニングは自ら手がけていて、自宅で作業を行なっているそうです。

■バーキン セヴン(1991年製)

「色んな面でワガママを言う娘みたいなもんで、可愛い家族です」

と話す爲房晃弘さん。バーキン セヴンは爲房さんが高校生の頃に出会い、いずれはオーナーにと心に決めた1台でした。

VWビートルなどを乗り継ぎながら30年の年月を経て、還暦前に手に入れました。“真面目な不良オヤジ”をキャッチフレーズに、セヴンとのカーライフを楽しんでいるそうです。

「魅力はとにかくライトウエイトのボディに1600㏄のエンジン。決して高速走行でなくても楽しめる、最高の相棒ですね」

■ホンダS2000(1999年製)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:野鶴 美和

ゴルフ雑誌の編集を経て、2014年よりフリーランスに。旅行関連、スポーツ関連のライティングを中心に活...