美の競演!ドイツ屈指の旧車イベント「レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック」

公開日:Posted in イベント by

ドイツはようやく夏本番。日本の夏につきもののまとわりつくような湿気もなく、快適な陽気が続きます。今回はそんなすっきりとした夏空の下、6月17日から18日にかけて行われたクラシックカーイベント、「Retro Classics meets Barock(レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック)」をレポートします。

クラシックカーイベント「レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック」とは?

ポルシェやメルセデス・ベンツの故郷、シュツットガルトから北に15分ほど列車で向かうと、そこにLudwigsburg(ルートヴィヒスブルク)という町があります。人口は9万人ほど。あまり馴染みのない地名だと思いますが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞を書いたことで知られる劇作家、シラー生誕の地であり、クルマ好きの方にはトランスミッションのメーカー・ゲトラグ創業の地、といえばイメージできるでしょうか。そしてなにより、この町には現存するドイツ最大のバロック様式宮殿、Residenzschloss Ludwigsburg(レジデンツシュロス・ルートヴィヒスブルグ)があります。

エーベルハルト・ルートヴィヒ公爵が1704〜1733年にかけて建設。長い歴史の中で幾度も改装され、バロック、ロココ、新古典主義と複数の様式が混在しています。部屋数は452にものぼり、敷地内に数々の庭園や劇場、教会、美術館を抱える壮大な宮殿(レジデンツシュロス)です。かつてナポレオンも訪問し、2度にわたる世界大戦においてもほとんど被害を被らずに残ったこの宮殿の中庭で、「レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック」は開催されました。


▲宮殿をバックにワインを楽しむ人々

地元の方に聞いたところ、おすすめは「トロリンガー種の赤ワイン!」だそうで、筆者もお土産に買って帰りましたが、とても美味でした。フレッシュなのに味がしっかりしていて軽い飲み口なのにキレのある、一度飲んだらクセになる味わいです。


▲レトロ・プロモーション社のゼネラル・マネージャー、Susanne Kirschbaum(ズザンネ・キルシュバウム)氏。ご多用のところ、ミーティングや準備の合間を縫って、お話を伺うことができました

「レトロ・クラシックス・ミーツ・バロック」は2004年から毎年行われ、今年で14回目とのこと。メインイベントは貴重なヴィンテージカーが集うコンクール・デレガンスで、同時にクラシックカーによるラリーイベントの終点にもなっているそうです。また、夜にかけて食事会やコンサートも行われるのだとか。「素晴らしいロケーションと美しいクラシックカーたち。ドイツで最もファンタスティックなイベントのひとつだと思います」とキルシュバウム氏。プレスパスと豪華なカタログを渡してくださった後、「これがあれば会場内のすべての飲食店で注文できますからぜひ使ってください」といって、メインディッシュ、デザート、ドリンクのチケットまでいただきました。たまたま近くを歩いていたレストランの料理長に「シェフ!この方、わざわざ日本から来てくださったんですよ!」とご紹介していただいたり、とても親切に、気さくに対応してくださいました。ありがとうございました!


▲クレープ販売車は、なんとシトロエン・タイプH!こんなクルマが現役で活躍していると、無性に嬉しくなりますね


▲軽快なディキシーランド・ジャズを鳴らしていた楽団。片手にはやっぱりビールジョッキ!


▲ラリーイベントのゴール地点での一幕。水玉ワンピースの女性が記念品を手渡して一緒に記念撮影します。オーナーの誇らしげな表情が印象的ですね

まさに美の競演。戦前の珠玉のクルマたちが集結


▲1908年製Delage Phaéton Sport Type J(ドラージュ フェートン スポール タイプJ)


▲1929年製Delage Type DM(ドラージュ タイプDM)


▲1934年製Delage Type D8(ドラージュ タイプD8)


▲1938年製Delage Coupé Sport Type D6-70(ドラージュ クーペ スポール タイプD6-70)


▲1936年製Delage Cabriolet Type D8-120(ドラージュ カブリオレ タイプD8-120)

戦前のフランスで高性能車の頂点に立っていたのがこのドラージュ。日本ではD8-120がトヨタ博物館に収蔵されていますが、この台数が一堂に会する機会は世界でも珍しいのではないでしょうか。GPレースで大活躍していた一方、贅を尽くした高級車を生産していました。D8とD6-70はLetourneur et Marchand(レトゥノール・エ・マルシャン)、D8-120はHenri Chapron(アンリ・シャプロン)のコーチワークによるもので、細部まで配慮の行き届いた優雅で美しいボディーワークに思わず溜息。


▲1926年製Peugeot 5CV(プジョー 5CV)

トランプの柄のようなサイドの塗装が印象的。写真だとわかりにくいのですが、実は非常に小柄なクルマで、外国の方が狭い車内に隣り合って座っているのを想像するとちょっと面白いです。写真のタイプ172Rは水冷4サイクル4気筒720ccエンジンから11psを発生、車重が軽いので思いのほかキビキビと走るそう。


▲1936年製Mercedes-Benz 540K(メルセデス・ベンツ 540K)

人だかりが常に絶えなかったのが、この540K。それもそのはず、前モデルの500Kと540Kを合わせてたった6台しか生産されていないAutobahnkurier(アウトバーンクーリエ)タイプ、その内の1台だからです。2016年1月にアメリカ・アリゾナ州で行われたオークションで、540Kスペシャルロードスターが990万ドル(約11億6,000万円)で落札されて話題になりましたが、仮にこの個体が出品されたら、一体どれほどの値が付くのでしょうか?


▲1939年Horch 853A Sport-Cabriolet(ホルヒ 853A シュポルト・カブリオレ)

当時のアウトウニオン・グループの中で、最高級車を担当していたホルヒ。アウディでお馴染みのフォーリングスがグリルの前についているのがわかるでしょうか。直列8気筒4,944ccエンジンは120psを発生。先ほどご紹介した540Kと並んで、この時代のドイツを代表する高級車でした。


▲1940年製Lancia Artena(ランチア アルテーナ)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...