イッツ・ショータイム!ノスタルジック2デイズ 2017 イベントレポート

最終更新日: 公開日:2017-02-22 | Posted in イベント by

2015年、2016年に引き続き、去る2月18日、19日にパシフィコ横浜で開催された「Nostalgic 2days(以下、ノスタルジック2デイズ)」の取材に行ってまいりました。

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲今年で9回目の開催となるノスタルジック2デイズ。開場前にはすでに長い行列ができていました

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲会場では、よもやま話や車悦でお馴染みの、込氏こと中込健太郎氏にお会いすることできました。各地のイベント取材を精力的に行っている中込さん。関係者やファンの方との交流を大切にしている姿が印象的でした

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲会場内のBGMの選曲を担当していたのは「中年フライデー」編集長の山本圭亮氏。お会いすることはできなかったけれど、今年も通好みな選曲を楽しませていただきましたよ、山本さん!(画像は2016年のものです)

ノスタルジック2デイズ 2017:日本車編

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲正面入口ゲートをくぐってすぐ、ロッキーオートブースではR3000GTと色っぽい美女がお出迎え!

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲会場では外国人の方を多数見掛けました。ショップの方に熱心に質問したり、なかには親子連れの方も

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲RS STARTブースには、フェアレディZ432(何と売り物!)と、工場長が所有しているという、タダモノではないオーラを発しているスカイライン2000GT-Xが展示されていました

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲その他、会場では多くの旧車が展示販売されていました。その多くは「ASK」。全体的に、相場も上昇傾向にあるようです。久しぶりに実車を観ることができた3代目スターレットも、こんなにコンパクトだったかなと改めて実感

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲1979年式いすゞ117クーペ ブラン II ISPスポーツパッケージ。250台という希少な限定モデルを美しく仕上げています。ハンドメイドの丸目もいいですが、この角目もステキ!あああ、連れて帰りたい・・・

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲これは・・・!?マツダ ルーチェ ロータリークーペですね。嫁ぎ先は決まったのでしょうか?

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲こちらのホンダ シビックRSも売り物。1975年式。価格は95万円(税込み)とのことです。ええ、筆者ももちろん気持ちが揺らぎましたよ・・・

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲日産レパード専門店であるカーショップフレンドは、美しく仕上げられたレパードを多数出展。このイベントの前日、地上波で「さらば あぶない刑事」が放送されていましたね。数時間後、もういちどブースを訪れてみたら、早くも数台が売約済み・・・。気づけばこのレパードも文化財の領域ですし、いいオーナーさんのところに嫁いで欲しいです

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲懐かしの日産180SXかと思いきや、こちらは左ハンドル仕様。逆輸入の240SXでした。180SXも見掛ける機会が減ってきましたね

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲マツダ RX-7は、FD3SよりもFC3Sの方が目についた印象。こちらは、Garage34&Defiが造り上げたマシン。エンジンは、13B ERCスペシャルサイドポート仕様。チューンドロータリーエンジン特有の音を聴きたかった!!

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲こちらはトータルセブンが出展していたRX-7 カブリオレ ファイナルバージョン(FC3C)。なんと、タイヤまで新車時のものだという、ノンレストア、フルオリジナルコンディションを維持した奇跡の個体。痛みやすいシートもこのキレイさ!「このクルマはお店のストックリストにもアップしていません。価値を理解し、この状態を維持してくれる方にこそお譲りしたいです」とのこと。筆者もまったくの同意見です。あとは甲斐性さえあれば・・・(遠い目)

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲まさに日産スカイライン(R31)愛が全開のR31 HOUSEブースには、2台のGTS-RとGTSオーテックバージョンが展示されていました。この「GTS-R」に憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲こちらのGT-R VスペックII(R32)は展示販売車両。1994年式ということで、ほぼ最終モデルですね。走行距離3.1万km、無事故、フルオリジナルの状態で630万円。いまや、R32GT-Rは新車以上の価格で取り引きされる時代なのです

ノスタルジック2デイズ 2017:レッドカーペット編

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
ここからは特別展示車両と、ノスタルジックヒーロー誌およびハチマルヒーロー誌の公募より選ばれしクルマたちの一部をご紹介していきます。こちらは、懐かしのスバル360!


▲トヨタ マークIIハードトップ グランデ リミテッドBタイプ。これほどキレイな個体はまず見掛けなくなりましたね・・・

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲日産スカイライン HT 2000ターボ インタークーラーRS-X。DR型スカイラインの最終モデルとのことで、こちらも貴重な1台です

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲日産スカイラインGT-Rも展示されていました

第9回ノスタルジック2デイズ 2017

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲この種のイベントには欠かせない存在、トヨタ2000GTも展示。クーペモデルだけでなく、ボンドカーも展示されていました

第9回ノスタルジック2デイズ 2017
▲こちらは日産スカイライン2000GT-R レーシングコンセプト。このカラーリング、現代でも古さを感じさせない美しさ!R35GT-Rの限定モデルでこのカラーリングを復活させたら格好良いと思うのは筆者だけでしょうか

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...