ポルシェ930ターボのEV車で参戦!日本EVフェスティバル2016 イベントレポート

公開日:Posted in イベント

去る11月3日に、日本EVクラブが主催する「第22回日本EVフェスティバル」が筑波サーキット コース1000にて開催されました。カレントグループからはチームカレントとして、ポルシェ911(930ターボ)をベースに製作したEV車で「コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ」に参戦するということで取材してきました。

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲「日本EVフェスティバル」は、改造したEV車でレースに参加したり、販売されているEV車に試乗できるなど、誰もが楽しめる歴史あるイベントとなっています

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲何度も「コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ」に参加している歴戦の勇者も

ポルシェ930ターボをベースに製作したEV車で「コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ」に参戦

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲チーム カレントも930ターボベースのEV車で参戦です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲コンバートEV「eCurrent 930T-EV」。見た目は930ターボそのものです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲本来であれば空冷フラットシックスがあるはずのエンジン(電源)ルームにはリチウムイオン電池が搭載されています

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲本来であればマフラーカッターが見える部分もご覧のとおりです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲ボディサイドのデカールもEV仕様になっています

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲エンブレムにもちょっとした遊びゴコロが

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲内装も一見するとノーマルの930ターボのようですが…

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲おなじみの5連メーターもEV仕様に

ハチロクやシルビアも…一見するとEV車には見えません

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲930EV車とAE86EV車が仲良く並びます。これだけではEV車とは分からないですね

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲こちらはAE86EV車とS13型シルビアEV車。よくあるサーキット走行会の風景です

コンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ エントリーカー

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲筑波サーキット コース1000にエントリーカーたちが並び、いよいよスタート間近

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲東京マツダEVチームのEV ROADSTER。ベースはマツダ ロードスター(2代目/NB型)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲千葉県自動車大学校の千葉県自動車大学校EVシルビア。ベースは日産シルビア(S13型)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲中央自動車大学校のタイサン CTS PORSCHE。ベースはポルシェ914です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲Team TAISANのタイサンポルシェ916EV。ベースはポルシェ914です。日本のレースシーンでもお馴染みのタイサンが参戦していました

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲読売自動車大学校のYccm Gino 2016。ベースはダイハツ ミラジーノです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲そしてチーム カレントのeCURRENT 930T-EV。ベースは911ターボです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲千葉県自動車総合大学校のViViO-EV・FR。ベースはスバル ヴィヴィオです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲OZ MotorsのOZ Motors ユーノスロードスターEV。ベースはユーノス ロードスターです

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲九工大 e-carのEV86。ベースはトヨタ レビン(AE86)です

EV フェスティバル 筑波サーキット
▲METEO MOTORSPORTのe-MINI 48。ベースはミニ1.3lクーパーです

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...