夢のガレージライフを実現させる「ガレージング・ピクニック 2nd」イベントレポート

公開日:Posted in イベント by

去る5月14(日)に、開智のぞみ小学校(茨城県つくばみらい市)で開催されたイベント「ガレージング・ピクニック 2nd(通称:ガレピク)」の模様を取材してきました。

ガレージングピクニック ガレピク

『夢のガレージライフを実現させる』をテーマに、「DIYなんてハードルが高い」 、「カーポートで精一杯」、 「既にスチール製の車庫があるから」 、「ガレージライフなんて、夢のまた夢」・・・というクルマ好きの方に向けて、憧れのガレージライフ実現のための第1歩となることを目指して企画されたイベントです。

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク
▲宮本 隆史さんと、愛車のジネッタG12(画像はオーナーインタビュー取材時のものです)

ガレージング・ピクニック(以下、ガレピク)は、昨年秋にオーナーインタビューで取材させていただいた「ジネッタG12」オーナーの宮本隆史(みやもと・たかし)さんが中心となって企画しているイベントです。2016年に第1回ガレピクが開催され、今回は2回目となります。

開催日前日は雨。イベント当日は曇りで一安心・・・

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク
▲イベント前日は雨。グラウンドを使用する予定が水浸しとなり、急遽会場内で場所を変更したそうです。スタッフの皆さまのご尽力もあり、何とか開催できて良かったですね・・・(雨天中止だったのです)

小学校に世界中のクルマたちが集結した不思議な空間

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク


▲ガレピク2ndの開催場所は小学校。つまり、普段から子どもたちが使っている遊具や、学校ならではの道具が置いてあるのです。普段、あまり交わることのないモノ同士がひとつの空間に。このギャップが不思議な雰囲気を醸し出していますね

ガレージングピクニック ガレピク
▲普段は子どもたちが遊んでいる場所に、さまざまな国や時代のクルマたちが展示されています

ガレピク2ndは『夢のガレージライフを実現させる』をテーマとした企画が盛りだくさん!

ガレージングピクニック ガレピク
▲宮本さんご自身による、展示車の解説や会場内の魅力をアピールしていきます

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク
▲DIYは実演してナンボ!とのことで、会場内のあちこちで自分なりのガレージライフを送るヒントになりそうな催しが開かれていました。来場者の方々はもちろんのこと、参加者の皆さんも笑顔。マニアックな内容かと思いきや、老若男女楽しめる設えとなっていることが印象的でした

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク
▲こちらは、日本で唯一の日曜大工指南書「ドゥーパ!」誌ブースに展示されていた軽トラックのキャンピングカー。コンプリートカーとして購入すると高価なものになりますが、DIYなら材料費のみ。そんな夢が広がるデモカーです。もちろん、すべて自分で造りあげてもいいのですが、そこまで技術がない・・・という方は、このデモカーをお手本に、できるところだけ真似するのでも「アリ」なのです

ガレージングピクニック ガレピク
▲オレゴン州(アメリカ)発「バーレー(Burley)」のチャイルドトレーラーの試乗会も行われていました。学校内での試乗なので、安心して体感できますね。ベビーカーとしての役割を担いつつ、転倒の心配がほとんどない点からも、いま注目のアイテムといわれています

国内外の名車が集結!ガレピク 2ndに参加していたクルマたちを全部見せ!

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク
▲なかなか観る機会がない日産シルビア(初代)の姿も。オーナーさん手作りの解説プレートが愛情を感じさせますね(筆者注:製造番号の部分は消してあります)

ガレージングピクニック ガレピク

ガレージングピクニック ガレピク
▲1959年式のダットサン(211)。なんと46年(!!)も所有している個体なのだとか。ただただ素晴らしいです

ガレージングピクニック ガレピク
▲車検証が手書きだという、1965年式ボルボ アマゾン

ガレージングピクニック ガレピク
▲1972年式トヨタ クラウン ハードトップ2600スーパーサルーン。希少な2ドアのくじらクラウンです

ガレージングピクニック ガレピク
▲1972年式トヨタ スポーツ800、いわゆるヨタハチ。シックなボディカラーが素敵です

ガレージングピクニック ガレピク
▲2004年式ランボルギーニ ムルシエラゴ。逆上がり用の補助ステップが背後に・・・(笑)

ガレージングピクニック ガレピク
▲1995年式フェラーリF355。ビアンコのボディカラーは 珍しいですね

ガレージングピクニック ガレピク
▲ハーマンエアロとホイールがバッチリ決まっている、2003年式フェラーリ360モデナ

ガレージングピクニック ガレピク
▲フェラーリクラシケ取得済みという、1975年式フェラーリ365GT/4BB

ガレージングピクニック ガレピク
▲こちらはフェラーリ456GT。しかもMT車。この時代、AT仕様は後から追加されましたね

ガレージングピクニック ガレピク
▲ベルトーネデザインが魅力の1975年式DINO208GT4

ガレージングピクニック ガレピク
▲2002年式プジョー106 S16。このサイズ感とフォルムが好きという方、多いですよね

ガレージングピクニック ガレピク
▲1971年式フィアット124スポーツスパイダー。初期の後期型は国内では5台以下といわれているとか

ガレージングピクニック ガレピク
▲1977年式ロータス エスプリシリーズ1。40年前(!!)の個体とは思えない美しさでした・・・

ガレージングピクニック ガレピク
▲そしてこちらは、宮本さんの愛車である1995年式ジネッタG12

ガレージングピクニック ガレピク
▲さりげなくワンオフカーボンパーツが組み込まれているという、1987年式フェラーリ328GTS

ガレージングピクニック ガレピク
▲オーナーさん自らパーツを自作して楽しんでいるという、ルノー アルピーヌ GTAターボ

ガレージングピクニック ガレピク
▲オーナーさん自ら「噂ほど壊れない」と語る、1990年式ランチア HFインテグラーレ

ガレージングピクニック ガレピク
▲鮮やかなブルーのボディカラーが眩しい、1990年式スズキ ジムニー

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

CL副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の企画/制作/運営...