秋なのに最高気温20度の熱気!エキサイティングポルシェミーティング2016

公開日:Posted in イベント by

毎年11月第2日曜日前後に、横浜赤レンガ倉庫で開催されているエキサイティングポルシェミーティング、略してEPM。早くも今年で9回目。来年は10周年を迎えます。すっかり定着した感のあるエキサイティングポルシェミーティング、ナローから991、ボクスター/ケイマン、924、944、968、そしてRUFに至るまで、実に150台近いエントリーがあった模様です。

EPM2016
▲何と今年は150台近いポルシェがエントリー

EPM2016
▲2015年は雨でしたが、2016年は見事な秋晴れとなりました。暑い!(最高気温20度)

不思議と雨に降られることが多いエキサイティングポルシェミーティングですが(主催者か常連の誰かが強烈な雨男なのでしょうか?)、今年は見事な秋晴れ。暑いくらいの陽気に恵まれ、参加車の方はもちろんのこと、横浜赤レンガ倉庫という立地ならではの、多くの方がポルシェとともに秋晴れを愛でるイベントとなりました。

本記事では、ナローから993までのポルシェ911、いわゆる「空冷911」を中心にお届けいたします。

エキサイティングポルシェミーティング2016:ポルシェ911(901/ナロー)編

EPM2016
▲今年はナローの参加車が多かったように思います。晴天で良かったです

EPM2016
▲ホワイト/ブルーデカールが決まっているナロー。ロールバーも見えますね

EPM2016
▲ホワイト/レッドの組み合わせ。2.7Lハイコンプ仕様のエンジンとのことです

EPM2016
▲最近、ネット上でも話題の通称メアリーテール号。ボディラインが魅力的です

EPM2016
▲こちらはシルバーに塗られたRSR仕様。ワイドフェンダーが素敵です

EPM2016
▲実は希少なスポルトマチックというナロー

EPM2016
▲シックなボディカラーが似合う1973年式911S

EPM2016
▲珍しいルーフキャリア付きのこちらの個体は912

エキサイティングポルシェミーティング EPM
▲ナローは赤レンガ倉庫を歩く女性にも人気があるようでした

エキサイティングポルシェミーティング2016:ポルシェ911(930)編

EPM2016
▲一見するとナローRSR仕様ですが、実は930がベースとのことです

EPM2016
▲ダッグテール&ロールケージを組み込みつつ、シックな雰囲気の930

EPM2016
▲通称ブラックバード号も参加。注目度抜群の1台でした

EPM2016
▲ブラックバード号のエンジンルーム。外国人の方もしきりに覗き込んでいました

EPM2016
▲911というよりトランスフォーマー!?ガルウィングのインパクトは絶大でした

EPM2016
▲こちらも有名な1台ですね。ないじぇる号も参加していました


▲素晴らしいコンディション930も参加していました。まさに「真っ赤なポルシェ」

EPM2016
▲930の初期モデルにあたるモデルも参加していました

EPM2016
▲こちらは鮮やかなブルーのボディカラーが眩しい「ナナヨンカレラ」

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...