メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは

最終更新日: 公開日:2015-10-02 | Posted in イベント by

去る9月17日から27日にかけて開催された第66回 IAA 2015 フランクフルト・モーターショーでは、会場内にある10棟以上のホールで数多くのニューモデルが発表されました。しかし、会場外でも面白い施設と車両展示が行われていました。なかでもメルセデス・ベンツが会場横の屋外エリアに期間限定でオープンさせた[Cafe Taxi]は特に印象的でした。

この[Cafe Taxi]は、タクシーモデルの展示スペースにカフェ施設を併設したもの。メルセデス謹製の最新タクシーを眺めながらゆったりコーヒーを楽しむなんて、日本の「メルセデス ベンツ コネクション」や羽田空港の「Mercedes me Tokyo HANEDA」では絶対に不可能な体験です。

タクシーの後方に見えるのが[Cafe Taxi]

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは
メルセデス商用車のVitoをベースにしたタクシーの後方に見えるのが[Cafe Taxi]。テラス席も用意されています。

7台のメルセデス・タクシーが勢揃いする様は実に壮観

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは
手前のVクラスをはじめ、実に7台のメルセデス・タクシーが勢揃いする様は実に壮観です。タクシーモデルの並びがあまりにも見事なので、最初は同社がイベント用にタクシーをチャーターして関係者を送迎するサービスかと思ったほどです。
以前のメルセデス・ベンツ ブースではタクシーやパトカー、ファイアチーフカーなどが乗用車と同じフロアに展示され、それらの説明を受けたり、専用カタログを入手することができました。メルセデス・ベンツのはたらく自動車にも興味を持っていた私にとっては大変興味深いイベントでしたが、近年はそれらの展示がなくなり寂しい思いをしていました。それだけに今回のタクシーモデルの展示には思わず舞い上がってしまいました。

日本に導入されていないエレガンス顔のEクラス・ステーションワゴン

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは
数ある展示車両のなかでも、個人的には日本に導入されていないエレガンス顔のEクラス・ステーションワゴンがとても新鮮でした。左に並ぶアバンギャルド顔のEクラス・セダンと比べても、ドイツのタクシーにはエレガンス顔のほうがしっくりくるように感じるのは私だけでしょうか。
ちなみにE 220 BlueTEC ステーションワゴンのタクシーモデルの価格は、ドイツの付加価値税19%込みで39.984ユーロ(約536万円)です。

コンパクトなBクラスのタクシー

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは
これはもっともコンパクトなBクラスのタクシー。街中で走っているメルセデスのタクシーはCクラスとEクラスが多く、今回Bクラスのタクシーを見つけることはできませんでした。

メルセデス・ベンツ シタン(Citan)のタクシー

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは
こちらはルノー・カングーと兄弟関係にあるメルセデス・ベンツ シタン(Citan)のタクシー。シタン自体が日本未導入なのに、さらにタクシー仕様というレアぶりに興奮してしまいました。

商用車のVitoをベースにした車両

メルセデスが次期Eクラスを公式リーク?[Cafe Taxi]で見た次期Eクラスの姿とは
今回展示されていた2種類のワンボックスタクシーのうち、こちらは商用車のVitoをベースにした車両。乗用車ベースのVクラス・タクシーと見比べると、細かい部分が簡素化されているのが分かります。
実はメルセデス・ベンツのタクシーモデルは、Bクラスと、CクラスおよびEクラスのセダン/ステーションワゴンのみが限定モデルとして用意され、それ以外の車種についてはオプションのタクシー用アクセサリーを装備してタクシー仕様車に仕立てるようになっていました。
そのため、タクシー仕様車の価格リストにはSクラス用のアクセサリーも掲載されています。対応車種にはメルセデス・マイバッハSクラスも含まれているため、その気になれば、Mercedes-Maybach S 600のタクシーを製作することも可能です。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...