トミカ人気は今やオーバーヒート寸前?最新作から40年前の外国車シリーズまで、その魅力に迫る

公開日:Posted in エンタメ by

1970年の誕生以来、日本の男の子たちになくてはならない存在となったトミカ。少子化に伴う需要低下どころか、近年は新製品が即日完売するほどの人気ぶり。積極的に情報を入手しないと買えないほどの勢いがあります。そこで今回は、新製品のランボルギーニ・チェンテナリオを紹介するとともに、40年間にわたる外国車トミカの歴史に触れたいと思います。

トミカ TOMICA

人気モデルの初回特別仕様は即日完売?

トミカのラインアップは、現在1台450円(税別)の基本シリーズが120種類、1台900円(税別)のロングタイプが20種類、さらにキャラクター系のドリームトミカの20種類を加えると、合計160種類にも上ります。その中から数車種がランダムにモデルチェンジされ、毎月第3土曜日に新車が発売されます。

新車のなかで毎回人気を集めているのが初回特別仕様です。文字通り初回のみ生産されるこの仕様は、通常品のようにリピート生産されないため、毎回人気が集中します。特にスポーツカーの場合は発売日に即完売になる場合もしばしば。2017年2月18日に発売されたランボルギーニ・チェンテナリオも例外ではなく、初回特別仕様はあっという間に店頭から消え、ネットオークションでは定価の倍近い価格で取り引きされています。

トミカ TOMICA
▲左:ランボルギーニ チェンテナリオ(品番:81)
▲右:ランボルギーニ チェンテナリオ(初回特別仕様)(品番:81)

ランボルギーニのトミカは人気が高いため、今回の初回特別仕様もほぼ瞬殺でした。とはいえ、実は通常品の方が黄色のコントラストカラーが細かく彩色されているため、手間がかかっています。いずれにしても、子どもに手渡すのが惜しくなるほどの出来栄えといえるでしょう。

40年前に誕生したトミカ外国車シリーズ

現在人気沸騰中のトミカですが、その歴史は1970年に6車種を発売したことに始まります。当初は「黒箱」と呼ばれる黒と黄色のパッケージが印象的でした。その後、1976年にはトミカ外国車シリーズが登場。こちらは青と白の鮮やかなパッケージが特徴で、国旗もあしらわれていました。ちなみにこの外国車シリーズのパッケージは「青箱」と呼ばれています。それまで国産車しか興味がなかった筆者にとっては、このトミカ外国車シリーズの登場が、外国車に興味を持ち始めるきっかけとなりました。

トミカ TOMICA
▲左:ポルシェ 911S(品番:F3)
▲右:トヨタ 2000GT(品番:5)

黒箱のトミカは子どもの頃によく遊んだ記憶があり、今でも懐かしさで胸が熱くなります。その後登場した青箱のトミカ外国車シリーズも実に40年前の製品であり、もはや骨董品の域に入っています。

トミカ TOMICA
▲フィアット 131 アバルト ラリー(品番:F11)

青箱も黒箱と同じように、パッケージの表と裏で日本語と英語表記のダブルフェイスとなっていました。写真のフィアット 131 アバルト ラリーは、左が1stモデルで、右は3番目のカラバリモデルです。

トミカ TOMICA
▲キャデラック フリートウッド ブローアム(品番:F2)

青箱は途中からパッケージ上面にバーコードが印刷されるようになり、箱のバリエーションが存在します。ちなみに手前のミニカーは右側の箱に入っていたもの。左側の箱にはグリーンメタのミニカーが入っているのですが、若気の至りで色を塗り替えてしまったため、撮影は控えました。

トミカ TOMICA
▲左:グレイハウンドバス MC-8(品番:F49)
▲右:シボレー コルベット スティングレイ(品番:F21)

トミカ外国車シリーズには、乗用車だけではなくバスやトラックなどのはたらく自動車も登場しました。また、右側のコルベットは、標準スケールのひとつでもある1/64スケールでつくられています。実車の全長と箱サイズでスケールが決まるトミカのなかで、1/64スケールは貴重な存在です。

トミカ TOMICA
▲左:キャデラック セビル(品番:F45)
▲中:リンカーン コンチネンタル マークIV(品番:F4)
▲右:ダッジ コロネット カスタム スタンダード(品番:F9)

当時はボディのディフォルメを行なっていなかったため、アメリカ車は細長いボディが特徴的でした。中央のリンカーンは、パッケージではなぜか「フォード」と記載されています。

トミカ TOMICA
▲左:オースティン タクシーキャブ(F56)
▲中左:モーガン プラス8(F26)
▲中右:ジャガー XJ-S(F68)
▲右:ロータス エスプリ(F24)

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...