自動車王国愛知県では大人気?大人の自動車ホビー「スロットカー」とは

公開日:Posted in エンタメ by

自動車の趣味のカテゴリーの一つに、モデルカーという実車を精巧にスケールダウンしたミニチュア模型をコレクションするというジャンルがあるのは、カレントライフの読者の皆様ならよくご存じかと思います。できる事なら自室でも愛車と寝食を共にしたいと自分の愛車を模したモデルカーをコレクションする人もいれば、スーパーカーやレーシングカーなど手にすることが困難な車両のカーモデルに憧憬を求める人、憧れのスター、ヒーローが乗っていた車両、かつての愛車、幼少期街角で見かけた、父親、親類が乗っていた車両にノスタルジィを求めてコレクションする人、様々でしょう。

slot2

slot7

そんなモデルカーのカテゴリーの一つに「スロットカー」というジャンルがあります。日本ではRCカーやミニ四駆の陰に隠れていまいちマイナーな存在ですが、欧米では専門メーカーがいくつもありシリーズ戦も盛んで、中には「スロットカーのプロレーサー」という人も存在するれっきとした大人の自動車ホビーです。遊び方は簡単、その名の通り「スロット(=溝)」が彫られたコースで、溝の両脇に張られた平型の電線に通電させ、集電ブレードの付いたガイドが付いた電気モーター付きの自動車の模型をセットして、ピストル型のコントローラーで電流をコントロールすることでコーナーリングスピードを操作しコースを周回させ、スピードを競うというものです。

最近は家庭用テレビゲームの性能も進化し、実写のようなグラフィックで、実際のクルマのスぺックを忠実に再現し実物の自動車と全く同じ動きで仮想空間で疾走しながらオンライン上で遠隔地のドライバーと勝負をするという事も可能になりましたが、それでも目の前で実際に模型の自動車が競争するという物理的な迫力には捨てがたいものあがります。また、ミニ四駆と違ってドライバーの意図で発進、加速、減速、停止が操作できる一方で、RCカーのようにステアリング操作の必要が無いので、加速、減速のタイミングさえつかめば年齢、男女問わず楽しめるため、ヨーロッパではパーティーゲームとしても親しまれているそうです。

slot6

slot8

近年は電子基盤を搭載しコントローラーから電気信号でレーンチェンジ可能な物もありますが、昔ながらのシンプルなアナログタイプであればコースは同一規格なので他社メーカー同士のスロットカーで競争することも可能です。そのため、モデル化されている車種も多彩で古今東西様々な車種が各社からリリースされています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...