あの「彼女のカレラ」がコンセプト!クルマ好きが集まる憩いの場、カノカレかふぇ

公開日:Posted in エンタメ by

筆者在住の名古屋といえば喫茶店文化で有名な事はご存知の読者の方も多い事かと思います。チェーン店や個人経営、イベント的な期間限定カフェ等、名古屋周辺には個性豊かな喫茶店が数多く存在するわけですが、当然自動車趣味王国でもある名古屋市周辺には自動車をコンセプトにしたカフェというのも少なからず存在します。

漫画「彼女のカレラ」がコンセプト。クルマ好きが集う隠れ家

その中でも今回は熱烈なカーマニアでもある漫画家、麻宮騎亜先生が964型ポルシェ911カレラRSオーナーの主人公のカーライフを描いた漫画「彼女のカレラ」とコラボしたカフェ「カノカレかふぇ」について紹介したいと思います。

名古屋市昭和区桜山の閑静な住宅街に「彼女のカレラ」の主人公「轟麗菜」のイラストの看板が目印の店舗を構えるカノカレかふぇは週末限定の営業ですが、営業日には古今東西様々な名車とそのオーナーが集う、クルマ好きの大人の隠れ家的なおもむきです。

kanocare3

カノカレかふぇオーナーの後藤さんもまたポルシェやメルセデスといったドイツ車を愛好する一方で、アニメや漫画も好きないわゆる「オタク」でもあり、その縁で名古屋で麻宮騎亜先生のイベントがある際は後藤さんがオーガナイズしていた関係で、2015年の夏に念願の「カノカレかふぇ」の開店に至ります。

カフェでレース?スロットカーサーキット「Cafe de Racing」

そして、開店当初から計画していたというカフェ併設のスロットカーサーキット「Cafe de Racing」(カフェでレースするので「カフェ・デ・レーシング」と読むのが正式名称だそうです。)を去る2月26日グランドオープンということで、スロットカー愛好者であり「彼女のカレラ」の読者でもあった筆者もオープニングイベントにお邪魔してきました。2月26日14時、オーナーの後藤さんとゲストの原作者スタジオトロン・麻宮騎亜先生と声優の上田芽依さんを迎え、上田芽依さんの「カフェ・デ・レーシング、グランドオープン!」というコールで併設スロットカーサーキットの正式オープンとなりました。

kanocare7

トークショーでは、オーナーの後藤さんによると「子供の頃、スロットカーのコースセットが欲しいと親にせがんだところ、これは男の子のおもちゃだから、女の子のお前には合わないと買ってもらえなかった」という積年の悔しさから(実はオーナーの後藤さんは女性の熱烈なポルシェ愛好家です)スロットカーサーキットを設置するに至ったそうです。

コースの利用システムはコースのメンテナンス費用として年間2000円の会費を払い、会員証を発行してもらったのち500円分の飲食につき30分走行となります。コースはカフェ2階のギャラリーの中央、イギリスの老舗スロットカーブランド「スケーレックストリック」製4レーン、営業コースとしてはショートコースですがタイトなコーナーの続くテクニカルなコースです。むしろトップスピードよりもコーナリングの中低速を上手く使うほうがキモになるコースなので「全開にする必要が少ない」という点では案外、初心者がゆっくり走らせるほうが意外とスムーズに走れたりと、なかなか一筋縄でいかない部分があります。

ちなみに当日、筆者はポルシェ904カレラと自作のS54B型プリンススカイライン2000GT-Bのスロットカーを持ち込みました。国産旧車好きの筆者がポルシェカレラをテーマにしたカフェにこの2台を持ち込んだのを意味するところはカレントライフの読者の皆様ならもはや説明の必要も無い事かと思います。他のお客さんもこの2台を見たとたん「皆まで言うな」という面持ちでした。

kanocare5

カノカレかふぇオープンへの深い想い

さて、この「カノカレかふぇ」ですが、週末の11:00~17:00の営業で、オーダー受けてから豆を挽いてハンドドリップで煎れるという拘りようで、店舗もこのために自宅の敷地に新築したという完全にオーナーの趣味で営業しているお店です。なぜ、そこまでするかと聞くそこには後藤さんの深い事情がありました。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...