本物のEvo 2を見分ける5つのポイントと、Evo 2ミニカーを完全網羅で紹介

最終更新日: 公開日:2016-06-30 | Posted in エンタメ by

メルセデス・ベンツの長い歴史のなかでも、ツーリングカーレース参戦用のホモロゲーションモデルとして誕生した190 E 2.5-16 エボリューション1と、同エボリューション2(通称:Evo 2)は、数あるネオクラシックのなかでも別格の存在感を発揮しています。
前編では、190 E 2.5-16 エボリューション1・2のDTMにおける活躍、それに実車のディテールを中心にお届けしました。今回の後編では、実車の資料なども交えつつ、Evo 2仕様の見分けかた、そして各スケールのミニカーをご紹介します。

前回の記事「ネオクラシックの白眉、メルセデスベンツ190E 2.5-16 エボリューション1・2の伝説をミニカーで辿る」はこちらです。

ネオクラシックの白眉、メルセデスベンツ190E 2.5-16 エボリューション1・2の伝説をミニカーで辿る

top_02

スポーティな190 Eをマニュアルで操る悦び

筆者自身、今から10年以上前に実車の190 E 2.5-16 エボリューション2を本気で買おうとしていた時期がありました。その個体は17台といわれる正規輸入車のなかの1台で、内外装はフルノーマルに保たれていて程度極上でした。

evo_12a
▲発売時に製作されたEvo 2のセールスカタログ。裏表紙には、2.5-16、同エボリューション1、エボリューション2の3台が並ぶ有名な写真が使われています。

街中を試乗させていただきましたが、190 Eの高い実用性とスポーティさのバランスはまさに絶妙でした。もっとも感銘を受けたのは、メルセデスのツーリングカーレース用ベース車両をマニュアルで乗るという悦び。235psを発揮する2.5リッター直列4気筒DOHCエンジンの吹け上がりは軽く、左手前に1速がくるレーシングパターンの5速マニュアルミッションを操作して走らせる独特の楽しさがありました。

evo_12b
▲オリジナルカタログは大変レアな存在で筆者もカラーコピーしか手元にありませんが、中面は外観写真で構成されています。また、簡単な車両解説とEvo 1とのスペック比較を行ったページも存在します。

残念ながらそのときは資金のやり繰りができず、泣く泣く購入を断念しました。しかし、現在のように価格が高騰して雲の上の存在になってしまうとは、当時まったく想像できませんでした。あのときEvo 2を買っていたら、今頃はどんな生活を送っていたのでしょうか。

evo_13
▲Evo 2を本気で探していたときに入手した英語版のサービス向けイントロダクションと、専用装備の使用方法を記載したオーナーズマニュアル。どちらも1990年に発行されたもの。

本物のEvo 2を見分ける5つのポイント

そんな190 E 2.5-16 エボリューション2は、デビュー当初から高嶺の花でした。そのため、当時は190 E 2.3-16に純正パーツや社外品のキットを装着した、いわゆる「エボ2仕様」を見かけることもありました。なかには、なぜかW124用のエボ2キットを製作するメーカーも現れるなど、当時のEvo 2人気は相当なもの。改めて調べてみたところ、今でもW124のエボ2キットは生産されているようで驚きました。

話が逸れましたが、Evo 2を見かけたときにそれが「エボ2仕様」でぬか喜びすることのないよう、本物であるか否かを判断する目利きのような知識が自然に身に付きました。最近は本物よりも「エボ2仕様」のほうがかえってレアかも知れませんが、主に外観上で本物のEvo 2を判断する5つのポイントを紹介します。

●ポイントその1:ルーフアンテナは付いているか?

evo_35

Evo 1では通常の190 E 2.5-16と同じように、左側Cピラーの後方に格納式アンテナを装備しています。しかしEvo 2では、スペース上の理由により、ルーフ後端中央に短いロッドアンテナが設けられました。
このアンテナは、45°〜90°の傾斜角度で取り付けたときに最良の受信状態を得ることができます。ただし、傾斜を45°以下にすると、トランクを開いたときにリアスポイラーがアンテナに接触し、損傷するおそれがあるので注意が必要です。

●ポイントその2:マフラーエンドはノーマルか?

evo_36

Evo 2のマフラーエンドにはオーバル型のカバーが装着されているため、その形状が本物か否かを判断する目安となります。Evo 2の純正マフラーは非常に高価だったため、純正マフラーを装着した「エボ2仕様」はほぼ皆無に近いでしょう。
ただ、誕生から26年を経過したモデルのため、マフラーの錆は否めません。そのため、マフラー全体を交換したり、マフラーエンドを残して中間部分を作り直した個体も少なくありません。逆にマフラーがフルノーマルの状態で残っている個体は、それだけ手厚く維持されてきた個体といえるでしょう。

●ポイントその3:左ハンドル車か?

evo_09

190 E 2.5-16 エボリューション1および2は、左ハンドル車のみが製作されました。そのため、右ハンドル車の場合は「エボ2仕様」と思って間違いないでしょう。

●ポイントその4:マニュアル車か?

evo_37
▲Evo 2のシフトノブには、このようなシリアルナンバー入りのシフトノブが装着されます。

Evo 1およびEvo 2は、左手前に1速がくるレーシングパターンの5速マニュアルトランスミッションのみが設定されました。そのため、AT車は「エボ2仕様」といえます。また、マニュアル車をベースにした「エボ2仕様」の場合、***/500と刻まれたシリアルナンバー入りのシフトノブがあるか否かがひとつの判別ポイントとなります。ただ、本物でもオリジナルのシフトノブを保存するため別物に交換している例があるので、もちろん絶対ではありません。

●ポイントその5:車高のバランスは自然か?

evo_38

本物と「エボ2仕様」の見分けは、実はパッと見の第一印象で決まることが多いかも知れません。「エボ2仕様」には腰高な印象があり、低く身構えた凄みがありません。車高を落としていればその印象はなくなりますが、逆に低すぎる車高も不自然な感じを受けます。本物にはバリッとしたオーラが感じられる個体が多いため、結局、最初に見て違和感を感じるか否かが案外重要だったりします。
ちなみにEvo 2の車高は1,342mm。190 E 2.3-16および2.5-16の車高は1,361mmのため、その19mmの差が違和感を感じる主な要因といえるでしょう。

evo_39

このほかにも、エボリューションモデルには車高調整機能が標準装備されるため、エンジンルーム左手前にはレベリングオイル用リザーブタンクが設けられ、ライトスイッチ横には車高調整スイッチが備わります。この車高調整機能は、190 E 2.3-16および2.5-16にオプションとして用意されたため(日本仕様は設定なし)、並行輸入車の場合は見分けが付きにくいかもしれません。また、維持費が嵩むハイドロを嫌って車高調整機能を外した個体もあるため、これらはあくまでも参考程度です。

とはいえ、そんな豆知識よりも実はビークルプレートの「WDB」の後の数字を見れば一目瞭然です。
190 E 2.3-16:201034〜
190 E 2.5-16:201035〜
同、Evo 1/Evo 2:201036〜

ほかにも細かい変更点がいくつかあるので、もし実車を観察できる機会があれば探してみてください。

手軽で効果的な缶コーヒーミニカーのプチ改造とは?

アグレッシブな外観が魅力のEvo 2は、コンビニの缶コーヒーキャンペーンで手に入るミニカーとしても登場しています。

evo_17
▲左:1/100 Mercedes-Benz 190 E EVO Ⅱ
▲右:1/64 Mercedes-Benz 190 E 2.5-16 EVOLUTION Ⅱ

左は2007年に缶コーヒーの販促キャンペーンとして配布された「ジョーシア メルセデス・ベンツ ミニチュアカーコレクション」のミニカー。1/100スケールの樹脂製ボディで、Evo 2を含む10種類の車種が用意されました。

右は2016年4月にコンビニで行われた「UCC メルセデス・ベンツ Premium Collection. 」キャンペーンの景品として付いていた1/64ミニカーです。このキャンペーンでは全5種類のダイキャスト製ミニカーがラインアップされ、高品質なつくりが特長でした。このEvo 2は、キャンペーンオリジナルカラーとしてブルーブラックのマットカラーとマットブラックのホイールを装着しています。

でも、眺めているうちにフルノーマルのものが欲しくなってしまいました。そこでロードバージョンのカタログ仕様を再現するため、誰でも簡単にできるプチ改造を行ってみました。

evo_40

**作業は以下のように行いました。
1. 2本のネジを緩めてボディとシャシーを分解。
2. ウィンドウやライトなどのクリアパーツをマスキングテープで外側からマスキング。*取り外しできないため
3. 模型用缶スプレーのクリアを全体に吹く。*今回は「Mr. スーパークリアー 光沢」を使用
4. 塗装面の凹凸を平滑にするため、2000番のペーパーで水研ぎ。
5. コンパウンドでボディを磨いてつや出し。*今回は「タミヤコンパウンド(仕上げ目)」を使用
6. マスキングテープを剥がす。
7. ホイールをシルバーで筆塗り。
8. ネジでボディとシャシーを固定して完成。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:北沢 剛司

’70年代のいわゆる「スーパーカーブーム」の洗礼を受け、以来、クルマの世界にどっぷり浸かって大人にな...