わずか1年で生産打ち切り。世界でもほとんど知られていない幻のボルボ「P1900 Sport」

公開日:Posted in ドイツニュース by

ボルボのスポーツカー、「P1900 Sport」をご存じでしょうか?1954年に発表されたものの、生産されたのは2年後。そして、わずか1年しか生産されなかったモデルです。

1954年6月2日、ボルボは2シーターのコンパーチブル・スポーツカーを発表しました。ガラス繊維強化ポリエステル樹脂を使用したボディは当時革命的であり、スウェーデンもついにモータースポーツ界へ進出かと、大きな話題となりました。

このモデルは、主に「ボルボ PV444」の標準コンポーネントをベースにされています。エンジンは、PV444の4気筒1.4リッターエンジンの改良版を採用していました。重量は969kg、70馬力のパワーをもち、最高時速は170kmでした。

ボディのアイデアは、1953年当時のボルボ製造技術部チーフと創業者であるガブリエルソン氏が、アメリカ視察の際にカリフォルニアのボート製造会社で見つけたガラス繊維技術から得たものでした。ボルボはこのP1900 Sportで、当時ロードスター(コンパーチブル)で一大スポーツカー市場を築いていたアメリカへ参入しようと計画したのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...