ドイツの中古車価格が上昇傾向に。日本のスポーツカーもドイツのクラシックカーシーンで人気

最終更新日: 公開日:2017-03-07 | Posted in ドイツニュース by

ドイツ自動車産業組合の報告によると、ここ3年間でドイツの中古車価格が上昇傾向にあるようです。

今年2月の中古車平均価格は19262ユーロ(約230万円)と、去年同月より1.3%値上がりしています。以下使用年別の平均価格です。

~1年未満:27746ユーロ(約330万円)
1~3年未満:25153ユーロ(約300万円)
3~5年未満:18858ユーロ(約226万円)
5~10年未満:12265ユーロ(約147万円)
10~20年未満:5000ユーロ以下(約60万円)
20~30年未満(ヤングタイマー):7424ユーロ(約89万円)
30年以上(クラシックカー):28397ユーロ(約340万円)

クラシックカーに関しては値上がりはしているものの、例年と比べて伸び率は弱め。しかし、平均価格は過去最高値となっています。

その中でも、前年と比べ値上げ幅が大きかったのは1950年代メルセデス・ベンツの2モデル。ポントンは値上がり率1位となり、3位には190SLがランクインしました。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...