ローリングストーンズの元メンバーが「シトロエンSM」を競売へ

最終更新日: 公開日:2015-07-14 | Posted in ドイツニュース by

毎年、世界中のレーシングカーが集結し、イギリス国内にて開催されている世界的なモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。今年もグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの季節がやってきました。ここでは、先日開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2015を紹介します。

イベント内でさまざまな催し物が披露されるなか、一際注目を浴びていたのが、1970年代に『メインストリートのならず者』や『女たち』といった音楽アルバムで世界中を震撼させたイギリスのロックバンド、ローリング・ストーンズの元メンバーであるビル・ワイマン氏によるシトロエンSMの競売シーンです。

シトロエンSMと言えば、1970年、当時シトロエンのチーフデザイナーであったロバート・オブロン氏によって開発されたもの。その後のオイルショックなどがきっかけとなり、わずか5年で生産中止へと追い込まれた伝説の高性能クーペとして知られており、現在ドイツ国内では925車両のシトロエンSMが登録されています。ちなみに、今回ビル・ワイマン氏が売却したのは、1971年に製造されたシトロエンSMになります。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...