クラシックカーを使い古くからの技術を伝承する、ベントレー社の新職業訓練プログラムが発足

最終更新日: 公開日:2016-11-21 | Posted in ドイツニュース by

イギリス西部の街・クルーにあるベントレー本社工場では職業訓練生たちに、若い職人たちにも古くからの技術を身に着けてほしいと、今でも使われているクラシックカーを教材として技術を教えるプログラムを今年より始め、話題となりました。

退屈な理論の授業や何時間もひたすら練習用の部品を弄るより、実際生きたクルマを見て触って覚えることが何よりも学ぶ材料になると考えたベントレー社。プログラムの一番目として与えられたのは1965年製のベントレーT1です。

訓練生たちはこのベントレーを3年間の訓練プログラム期間内にボディ、内装、カラーリングなどオール・レストアすることが課題となっています。全ての過程においてベテラントレーナーの技術指導の下、仕上がったこのクルマは最終的にベントレーコレクションにて展示されることになっています。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...