観光業もエコの時代?ドイツ観光馬車に電気自動車「BMW i3」を使い話題に

最終更新日: 公開日:2016-11-08 | Posted in ドイツニュース by

ドイツのレンタカー会社SIXTがオーストリア・ウィーンにてとあるキャンペーンを実施。馬車の馬の代わりに電気自動車「BMW i3」で荷台を引き、街を観光する様子が話題になりました。

ウィーンでは馬車に乗りながら観光スポットを周る「観光馬車(フィアカー)」が人気で、他のヨーロッパ観光都市より圧倒的に台数も多いことからウィーン名物の1つになっています。

今回のプロモーションは市内でも有名なフィアカー乗り場であるシュテファン広場にて行われました。そこには一風変わったSIXTカラーの荷台付電気自動車BWM i3が。ボディには「馬よりも少ない排出量(だからSIXTでBMW i3をお得に借りよう)」とジョークを交えたキャッチコピー。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...