ついにマツダ626もHナンバー!今年度Hナンバー対象車の欠陥テスト結果が発表 

公開日:Posted in ドイツニュース by

製造30年以上のクルマが持つことができるドイツのHナンバー。毎年、その年30年を迎える対象モデルが発表されるのですが、対象すべてがすぐ申請できるわけではありません。国指定の車両検査で大きな欠陥がなく、良好な状態と判断された車両のみがHナンバーを受け取ることができます。

この度、ドイツの技術監査協会(GTÜ)が今年のHナンバー対象車6種の検査を行い、どの車種に欠陥が多いのか、どの程度がHナンバー基準をクリアしているかを公表しました。

今回エントリーされたのは以下全て1987年製の6種:
1.メルセデス・ベンツ 124C
2.フォード シエラ
3.マツダ 626
4.BMW 3シリーズ・ツーリング(E30)
5.アウディ 90(B3)
6.プジョー 405

「欠陥なし」の評価が一番多かったのはメルセデス・ベンツ124Cでした。検査した42.4%の同モデル車両が「確認できる欠陥がない状態」(グラフ緑色)と判断されています。ほか29%が「わずかな欠陥あり」(グラフ黄色)、そして残り28%が「深刻な欠陥があり」(グラフ赤色)と診断され、Hナンバー申請を却下されています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...