旧東ドイツの象徴からクラシックカーへ。今もなお愛される「トラバント」

最終更新日: 公開日:2016-10-18 | Posted in ドイツニュース by

トラビ(Trabi)の愛称を持つ旧東ドイツの大衆車「トラバント」。最後のモデルが生産されてから25年。一時、東ドイツの物資不足が原因でボディが粗悪になり「走る段ボール」と西側から揶揄されることもありましたが、それでも東の人々にとってトラビは贅沢品であり、納車まで10~15年待ちなのは当たり前の時代でした。

90年代は約66万台あったトラバントですが、2016年現在は約3万3千台にまで減少。排ガス規制の問題で、通常は走ることが許されない規格となっているので、走行可能であるのは歴史文化財としての特別走行許可証(Hナンバー)を取得している車両のみとなります。

この登録台数は、VWビートル(約5万台)に次いで国内で2番目に多いHナンバー登録車数ですが、その内約9000台が生産拠点であったザクセン州にて登録されています。続いてベルリンを含むブランデンブルク州、チューリンゲン州とやはり数が多いのは東ドイツ地域。ですが西ドイツにももちろんトラビファンはいるもので、比較的保有台数が多いノルドライン・ヴェストファーレン州やバイエルン州にはそれぞれ1000台ほどのトラバントが今も存在しています。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...