車内でタクシードライバーとお悩み相談?ドイツで賛否両論、厳格キリスト教信者による「巡礼タクシー」とは

最終更新日: 公開日:2017-03-14 | Posted in ドイツニュース by

ドイツ南西部フライブルクには、ドイツでは初となる「巡礼タクシー」が存在します。ドライバーのディックマン氏は、厳格なキリスト信者。彼のメルセデス・タクシーの中には、聖書や十字架、そしてマリアの絵があり、聖地巡礼に必要なアイテムが全て揃っているのです。

ディックマン氏は幼少期から長い間、修道院で過ごしてきました。今でも、毎日1時間を祈りの時間に捧げており、体が不自由で定期的に通院しなければならない客には無料で病院まで送り届けることもあります。カトリックの精神は彼の仕事にも反映されているのです。

しかし、それだけでは彼の生業が成り立たないので、このタクシーならではのサービスとして、カトリック聖地巡礼プランがあります。フライブルク、コブレンツ、パリ、リジュー、ルルド、サンティアゴ・デ・コンポステーラなどの聖地を巡る遠征プランが、彼の一番の収入源となっているそうです。

このカトリック聖地巡礼プランの利用者はキリスト信者が多く、乗車中に彼らの悩みなどを聞くだけでなく、ディックマン氏がキリストの教えを基にアドバイスをしてくれます。彼の優しく落ち着いた声音で聞く話に、乗車後の客からは「まさに心が洗われた気持ちだ!」と評判も良いようです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...