ついにドイツ国内一位に上り詰めたメルセデス、クラシックカーの人気が急上昇

公開日:Posted in ドイツニュース by

12年ぶりにBMWを抜き今年は販売数一位に返り咲いたメルセデス・ベンツ。長年乗れる丈夫さと高級感を兼ね備えた上質なクオリティで旧車専門家も「ドイツはメルセデスの国だ」と言うほど、今年に入ってメルセデス製クラシックカーの価値がぐんぐん上昇しています。

高額になっているのは夢のモデルと言われた70年代R107や230SL (W113/Pagoda)などのSLシリーズだけではなく、2010年ごろでは50000ユーロ(約550万円)以下で手に入れられたモデルも現在ではほぼ倍の価格になっています。

ついにドイツ国内一位に上り詰めたメルセデス、クラシックカーの人気が急上昇

現在最も高価なメルセデス・クラシックと言われているのは300SLガルウィングモデルで、数年前と比べて3倍以上の約1億2000万円に値上がりしています。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。19歳で初めて夢見たドイツに渡り、現在もドイツ在住。ドレスデン工科大学院に...