グループBの歴史を今に伝える「ショートアウディ」、アウディ スポーツ クワトロが3000万円越えで落札

公開日:Posted in ドイツニュース by

「ショートアウディ」の名で親しまれるアウディ スポーツ クワトロが、先日、イタリアのクラシックカー専門オークション「Comer See」に登場しました。グループBベースの希少なモデルということもあり、約3300万円(275000ユーロ)の高額で落札されました。

アウディ スポーツ クワトロは、1983年にアウディがWRCで優位を保つべく、グループB規定に合わせ誕生したモデルであることはご存知の方も多いはず。このクルマは、同社子会社であるスポーツモデル部門クワトロによる技術開発のもと、合計220台製造されました。そのうち164台が公道用モデルであり、今回出品されたのは1985年製の個体となります。当時は1200万円(195000ドイツマルク)だったことを考えると、今回の落札価格は当時の3倍近いほど高騰しています。

アウディ スポーツ クワトロは、ラリーマシンとしての性能向上をはかるため、オリジナルモデルであった初代クワトロよりホイールベースを32cm短縮しています。この短い車体から、ドイツでは「Kurzer Audi(ショートアウディ)」と呼ばれていました。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...