ナイジェル・マンセルのショップでV12エンジンに換装された「フェラーリ308 GTS QV」予想落札額を大幅に下回って売却

公開日:Posted in ドイツニュース by

1975年の誕生以来、名車として愛されているフェラーリ308。今回、オリジナルのV8エンジンからV12エンジンに換装され超希少車「フェラーリ308GTS QV」がシルバーストーン・オークションに登場しました。

この個体は、当時のオーナーがV8エンジンの最高出力240馬力では物足らず、今や伝説のF1ドライバーであるナイジェル・マンセル氏経営の「エンブレム・スポーツカーズ」にチューニングを依頼。当時のニューモデルであった400シリーズのV12エンジンに換装しており、ボディカラーも珍しいメタリックブルー・キアロを纏う、見た目も中身も特別なフェラーリに仕上がっています。

オリジナルマニュアル、書類、ツールキットやジャッキなど付属品も完備。しかもこの個体はイギリス仕様であったため、わずか200台余りしか存在しない右ハンドル車となっています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...