今年で40年!ナルド・サーキットが有名な理由とは?

最終更新日: 公開日:2015-10-08 | Posted in ドイツニュース by

1975年7月、イタリアの自動車メーカーであるフィアットが車両開発のための試験施設を提案。ちょうど長靴のかかと部分に位置する、イタリア南部の都市ナルド郊外にオープンしたのがナルドテクニカルセンター(通称ナルド・サーキット)。2015年に40周年を迎えたナルド・サーキットは、どのような歴史を辿ってきたのでしょうか?

オープン当時は、乗用車およびトラック用のテストレーンと、乗用車用のみ車両に働く力を解析するダイナミクスエリアの設備がありました。その後、1983年にトラック用も増設されました。そして1999年に、イタリアのプロトティーポグループが試験場の所有権をフィアットから引き受けた後、顧客のさらなる獲得を目指すために、合計5000平方メートルの新たな作業場とオフィススペースを建設しました。

2002年と2008年には、乗り心地と騒音対策を測定する試験レーンと、6.2kmにわたるカーブ専用のハンドリングレーンが加わりました。そして2012年5月には、ポルシェに所有権を渡り、現在に至ります。

ナルド・サーキットが有名な理由とは?

自動車メーカーの間ではもっとも有名な場所であり、伝説的な試験場と呼ばれるナルド・サーキット。その理由として挙げられるのが、都市部から遠隔された立地にあること、そして各メーカーの製品情報などを外部にリークしない非常に厳格な守秘義務契約があることです。さらに、数週間という期間でそれぞれの国の気候条件を設定でき、車のライフサイクルを調整しながらテストすることができるというのも理由の一つです。短期間でいろいろな条件を設定し、同じ場所で一度に試験できるというのが、何より大幅な時間とコストの削減につながるのです。こう見ると、企業側からすれば利点が多く、ナルド・サーキットが人気なのも頷けます。

記録破りのナルド・サーキット伝説

全体的な構造を見ると、コースは直径4km、全長約12kmの完全な円形をしているのは、地図上でも特徴的です。幅16mの中に4つのレーンを持ち、その他、仕切られる形で内側に幅9mのレーンがあります。コースにはバンクがついており、ステアリングをほとんど切らずに走行できます。この4つのレーンはそれぞれ違った制限速度が設定されており、第一レーンの時速100km/hから、50km/h刻みで速度が高くなっていきます。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...