ガソリン・ディーゼル車が消える?ドイツ政府「2030年より新車を完全無排気化」が濃厚に

最終更新日: 公開日:2016-10-12 | Posted in ドイツピックス by

今年6月の初めに、ドイツのエネルギー・副経済産業大臣が「2030年までに全ての新車を無排気化しなければ排ガス削減化は間に合わない。」とコメントしましたが、10月初めの連邦議会でこの件が採択されたことにより、ドイツ政府全体での方針が徐々に固まってきたことがドイツ・シュピーゲル紙の調べで分かりました。

パリの厳しい排ガス削減政策を受け、ドイツも2050年までにCO2排気量95%削減を実現化するべく、2030年より販売される新車は全てエミッションフリー(無排気)とし、ガソリン・ディーゼル車販売は実質全面禁止となります。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...