42歳の時に買った「フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレ」が18万キロで旅立つまで

公開日:Posted in コラム by

ども!カレントライフのファンの皆様こんにちは!ライター山本です。私は20歳の頃から輸入車に乗っていましたが、人と違う路線のクルマを探し、乗り続けてまいりました。ここではその「迷車」「珍車」をエピソード交えて紹介させていただきます。

前回、私のオタク回顧録は「メルセデスベンツ230-6」でしたが、今回も私にとって楽しかった一台、「フォルクスワーゲン ゴルフ カブリオレ」になります。 楽しめた車だったと思います!

080501_0129~01
「こんな感じで乗っていました!」

このクルマと出会ったのは私が42歳の時に、ちょうどひとりぼっちに(笑)なったときに購入したクルマです。都内のクルマ屋さんにオークションで出品されていたのを現車確認して即買いしました。

多少の幌にダメージがあったのですが気にせず安価に飛び付いてしまいました。これが後からジワジワと来ることになるとは思っていませんでした(笑)白のボディは案外ボヤッっとしているのでサイドラインを入れる事とアルミホイールを変えようと思い探すのですが、履いてみたいホイールが赤だったので中々見つからずやっとオークションで見つけたホイールが北海道の方で、送料がちょっと気になりましたが購入。ところが届いて履かせてみようと思ったらブレーキ部分にぶつかってしまい履くことが出来ません。そこで、スペーサーをカマシなんとかぎりぎりで装着!しかし、何も考えずに購入していくのが私の悪い所です(笑)

ゴルフ2
「だんだんと不具合が・・・・。」

6月になって梅雨に入りクルマに変化が突然起きます。雨の翌日クルマに乗ると何故かフロントガラスが曇っています。あれ?なんだろうと思いつつ直ぐに幌を開けるので気にしませんでした。そんなことが何回か続き、ある時にサンダルでクルマに乗ろうとすると「ビシャ」っと言う感覚が足に・・・。

下を見るとなんと水たまりが~!なんで?!と、思いながらチェックすると幌に破れが。これから雨の度に水かきをする事になりました。それでもオープンなんてそんなもん!とタカを括っていると今度はあれ?屋根が開かない?と言う現象が起きてしまいました。私の時代のゴルフはもうすでに「電動式」でスイッチを押しても開閉しなくなりモーターの交換が必要となったのですが、チョイスしたのは手動での開け閉め(笑)重かったのですがそれから1年以上は手動での開閉となりました。でもこれからがもっと大変になって行くのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:山本 圭亮

千葉県出身。元ソフトテニスのセミプロとして日本リーグでプレーしていたスポーツマン。車に対する愛情...