日本に50台のみ割り当てられた、ルノー アルピーヌ V6ターボGTA ル・マン

公開日:Posted in コラム

ルノー アルピーヌというと、A110を想像する方が多いのではないでしょうか。

ルノー アルピーヌ V6ターボGTA ル・マン
出典:http://www.favcars.com/

その後、A210、A310とモデルチェンジを重ねていったことはご存知の通りです。日本でも熱心な愛好家のお陰で、その姿を見ることができます。

A310の後継モデルとして誕生した、ルノー アルピーヌ V6ターボ

ルノー アルピーヌ V6ターボGTA ル・マン
出典:http://www.favcars.com/

ルノー アルピーヌ V6ターボは、A310の後継モデルとして、1985年にデビューを果たします。鋼管製バックボーンのフレームにFRP製のボディパネルが架装されます。エンジンは、2.5L V6SOHCターボ。最高出力は185psを発生しました。駆動方式はRR。その駆動方式から、ポルシェ911と比較されることが多かったことを記憶している方もいるのではないでしょうか?

フランスのコーチビルダーであるウーリエが手掛けた外装のデザインは、歴代アルピーヌの正当な後継モデルであることを感じさせるものではあったものの、ラリーシーンを駆け巡った時代のそれではなく、GTカーとしての要素が強まった印象があります。

限定車「ルノー アルピーヌ V6ターボGTA ル・マン」の登場

ルノー アルピーヌ V6ターボGTA ル・マン
出典:http://www.favcars.com/

ルノーサイドが実質上のライバルとしていたであろう、ポルシェ911は、1989年に930から964へとモデルチェンジを果たします。当初は4WDのカレラ4のみでしたが、後に2WD(RR)のカレラ2が登場し、AT(ティプトロニック)車も選べることから人気モデルとなっていきます。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...