懐かしさと変わらぬ手応えに感動したメルセデス・ベンツ エッティンガー 3.6/24(W124)

公開日:Posted in コラム by

oettinger(以下、エッティンガー)といえば、VWやアウディのチューナーのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

事実、1946年に設立されたエッティンガー社は、VWビートル(タイプ1)のパワーを上げることが目的だったのです。1976年にはVW社よりも先に4バルブヘッド 1.6Lエンジンを完成、その後もVW社との関係を深めていきます。

こちらのエッティンガー VW Golf R500は「GTI ミーティング・アット・ヴェルターゼー 2015」において発表された、VWゴルフRのチューニングモデル。価格は150,000ユーロということです。新車のポルシェ911カレラS+ほぼフルオプションと同じくらいの価格…でしょうか。

oettinger 500R Enthüllung at Wörthersee 2015

Golf R500 – oettinger – Sound – Startup – Exhaust Sound

日本では、過去に自動車専門誌やテレビなどでメルセデス・ベンツ車がベースのエッティンガーコンプリートモデルが紹介されていたこともあり、メルセデスのチューニングカーを連想する方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1991年式メルセデス・ベンツ エッティンガー 3.6/24(W124)、いわゆるメルセデスのエッティンガーコンプリートモデルに触れてみたいと思います。

メルセデス・ベンツ エッティンガー 3.6/24(W124):外装編

W124 エッティンガー
▲メルセデス・ベンツ エッティンガー 3.6/24(W124)。ボディカラーはブルーブラック

W124 エッティンガー
▲こちらの個体はエッティンガーのコンプリートモデルに、CARATのエアロとホイールでドレスアップされています

W124 エッティンガー
▲テールレンズはスモークタイプに変更されています

W124 エッティンガー
▲フロントグリルのアップ。エッティンガーのエンブレムも定位置に備えつけられています

W124 エッティンガー
▲フロントグリルは、スリーポインテッドスターの代わりにエッティンガーのエンブレムが。「OKRASA」は当時の販売会社と製造工場があった地名

W124 エッティンガー
▲周囲でoettingerを「エッティンガー」と読める方はかなりのクルマ好きかも。筆者はかつて「オエッティンガー」と読んで笑われました…

W124 エッティンガー
▲ベース車は、ミディアムクラス(W124)のスポーツライン

W124 エッティンガー
▲ホイールはCARAT製。タイヤサイズは205/55 R16

W124 エッティンガー
▲エッティンガーのエンブレムに激しく反応してしまう方もいるはず

W124 エッティンガー
▲3.6 / 24 のエンブレムも健在です

W124 エッティンガー
▲こちらの個体のマフラーはワンオフ品

W124 エッティンガー
▲90年代のメルセデス・ベンツは、この1本ワイパーを採用しているモデルが多かったですね

メルセデス・ベンツ エッティンガー 3.6/24(W124):エンジン編

W124 エッティンガー
▲直列6気筒 3.6L DOHC 24V エッティンガーチューニングエンジン。最高出力は261ps/6300rpm

W124 エッティンガー
▲使い込まれたエキゾーストマニホールドにも、この個体の歴史を感じます

W124 エッティンガー
▲ボンネット裏側のインシュレーターも健在

メルセデス・ベンツ エッティンガー 3.6/24(W124):内装編

W124 エッティンガー
▲ステアリングは、atiwe製のエアバッグ内蔵タイプに交換されています

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...