空冷ポルシェ911は憧れのクルマ「ちょっと違う、から、まるで違う、へ。」

最終更新日: 公開日:2016-03-15 | Posted in コラム by

クルマ好きの友人が、かつて「ポルシェって、どうやったら乗れるの?ディーラーなんて怖くて行けないし、周りに乗ってる人もいない。かといって、クルマ屋さんにあるのを気軽に試乗させてともいえないでしょう?」と話していたことがあり、それがずっと、記憶の片隅にありました。

現在、ポルシェの正規ディーラーで売られているのは、中古も含めてほとんどが水冷モデルの911です。空冷モデルの911に乗るには、たいていは街のクルマ屋さんへ赴き、意を決して頼んでみるか、周りにポルシェ乗りの友人がいたら乗せてもらうしかありません。しかも、助手席である場合が多いはず。

これまでの人生のなかで、既にこの体験を味わうことができた方は、とても幸せだと思うのです。

かつて、ポルシェ正規輸入代理店だったミツワ自動車は、何十年ものあいだ、現在にいたるまでカーグラフィック誌の表3に広告を出稿しています。そのなかで、カーグラフィック誌1983年6月号の広告にこんなキャッチコピーがあります。

ちょっと違う、から、まるで違う、へ。ポルシェ911の個性体験は、試乗から。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...